おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

花札の謎シリーズ『映画サマーウォ―ズ』に出て来る花札‼

カテゴリ: 花札 2017.08.18 7:01 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

本日、2017年8月18日(金)の夜9:00より放送されます【金曜ロードSHOW! 映画サマーウォーズ】

皆さんも大好きな夏のアニメ映画の一つではないでしょうか。

 

そう言えば、2009年の初上映の時、主題歌を歌う山下達郎さんの曲『僕らの夏の夢』のピーアール商材用に、裏面に『結び雁金紋』を焼き付けた花札の依頼があったなぁ…。

あれは、納期はタイトだったし、花札の裏が反っている所に後から焼き付けだったので大変でした。

 

その時見た『結び雁金紋』、どっかで見た事あるなぁと思ったら、戦国武将真田幸村(信繁)で有名な真田家の家紋だったのが印象に残っていました。

因みに真田家の家紋は『六文銭』『結び雁金』『州浜(すはま)』の三つ。

 

映画劇中の陣内家のお祖母ちゃんのアバターも結び雁金ですよ。

 

 

そのサマーウォーズの中で、花札を使った【こいこい】という遊びが出てきます。

umeniuguisu

いったいなんじゃそりゃ?

知らない人も多いかと思います。

 

これは、花札を使った遊び方の一つで、一般的な花合わせ【八八】の遊び方と違います。

主な特徴として

①二人対戦

②役(特定の札で作る組み合わせ)を相手より先に作った方が勝ち。

③手八場八(手に持つ札の枚数が8枚、場に表に広げて並べる枚数が8枚) 八八などのほかの花札遊びだと手七場六のものもあります。

④最長12回戦まででき、途中【役】が出来てもさらに上位の役を狙い継続する事が出来ます。

 

自分の持っている札で【役】ができた時点で『勝負』と宣言し終了することが出来ます。

しかしここで、名前の由来にもなった、『こいこい』と宣言する事でゲームを継続する事ができます。

 

『こいこい』= 一つ役が出来たが、まだほかにも役が出来そうなときに『こいこい』と宣言し、ゲームが続けられます。

ただし自分が継続した為、相手も役が出来る場合あり、負けの原因にもなりかねません。 この判断がこいこいの醍醐味です。

『勝負』= この役で十分勝てると思った時に『勝負』と宣言します。

この『こいこい』『勝負』は、山札から一枚札を引いた後すぐに宣言しないと、次の順番まで宣言を待たなくていけません。

 

そして【こいこい】に勝つコツは

①早く出来役を作る攻めの姿勢を忘れるな!

②相手の狙っている役がなにか見抜き見定めよ!

③『勝負』か『こいこい』か迷ったら、低い点数でも勝負を賭けよ!

 

こいこいの出来役に関しては、写真付きで色々な方が、インターネットなどにアップしていますので割愛します。

今日の映画サマーウォ―ズを見て、【こいこい】に興味が湧きましたら、一度やってみて下さい。

その時は、大石の花札もお忘れなく。

『よろしくお願いしまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁすっ‼』 ヾ(≧〇≦)ノ”[Enter]”ポチッ!

 

花札販売ページはこちら

 

シリーズ一覧

花札の謎シリーズ 5月札!!『杜若に八つ橋』(2013.7.2)

花札の謎シリーズ 7月札『萩に猪』(2013.7.12)

花札の謎シリーズ 赤短『あかよろし?』(2013.8.13)

花札の謎シリーズ 9月札『菊に盃』(2013.9.6)

花札の謎シリーズ 10月札『鹿に紅葉』(2013.10.13)

花札の謎シリーズ 11月札『柳に小野道風』(2013.10.26)

花札の謎シリーズ 『表菅原』(2013.11.20)

花札の謎シリーズ 12月札!!『桐に鳳凰』(2013.11.25)

花札の謎シリーズ 1月札!!『松に鶴』(2014.8.12)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇(2014.8.19)

花札の謎シリーズ 2月札!!『梅に鶯』(2014.8.29)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』後篇(2014.12.11)

花札の謎シリーズ 『こいこい』って意外とあれなのね(2015.8.28)

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)(2016.3.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』前篇(2016.5.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』後篇(2016.6.3)

花札の謎シリーズ8月札『芒に月(山に月)』(2016.9.13)

花札の謎シリーズ 『映画サマーウォーズ』に出て来る花札!!(2017.8.18)

花札の謎シリーズ 『11月札と12月札は別格!?』(2017.11.18)

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

イラストレーターさんのかるた!オリジナルかるたの出来るまで!

カテゴリ: かるた,全般 2017.08.04 5:18 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

ひゃ~ァァ!暑いっすね。

今年の祇園祭も終わり、もすぐお盆休み突入ですね。

学生さんには、『夏休み中盤戦』、一か月近いロングバケーションの折り返し地点。

こう暑いと折角の夏休みも、行く場所を吟味しないと、とんでもない苦行になりますからね。

熱中症や夏バテなど、楽しい夏を台無しにしてしまうアクシデントにも注意が必要です。

こまめな水分&塩分補給がかかせません。

皆様もお気を付け下さい。

 

さてさて。

以前、オリジナルかるた製作のご依頼に、当店がどのように対応し、製造しているのかをブログにご紹介致しました。

原画から製造まで!オリジナルかるたのできるまで パート1 URL

 

今回は、前回とまた違った業種といいますか、プロのイラストレーターさんからのご依頼でした。

お名前は、『ふじいまさゆき』さん。

別名:『りんりん』

そして、今回引き受けた、かるたの名前は『動物分類かるた』です。

絵柄は、可愛くてホンワカした優しいタッチのイラストで描かれる動物達のかるたです。

しかもこのかるた、そんじょそこらのかるたではありません。

動物の学術的分類を遊びながら学べるかるたです。

 

例えば『タヌキ』と『レッサーパンダ』を例に上げますと。

IMG_3095

 

〇界(かい)=動物界(どうぶつかい)

(まあ、確かに動物ですね)

 

〇門(もん)=脊索動物門(せきさくどうぶつもん)

(せ、せきさく?なんじゃそれ?)

 

〇綱(こう)=哺乳綱(ほにゅうこう)

(綱?

哺乳類とか言いうんじゃないのね)

 

〇目(もく)=食肉目(しょくにくもく)

(肉とか食べそうやもんね)

 

ここまでは同じです…が…。

その後の、科(か)が、クマ科か、イヌ科の違いだそうです。

えええええええっ!?

そんだけ?

っていうか、最後めっちゃ軌道修正されたのね!!

食肉目までは一緒なのに!!!

 

 

それから、それから、『カエル』と『ウーパールーパー』

IMG_3096

正式には、『アカメアマガエル』と『メキシコサラマンダー』

 

〇界(かい)=動物界(どうぶつかい)

(動物ですよね。やっぱり)

 

〇門(もん)=脊索動物門(せきさくどうぶつもん)

(こいつらも脊索動物門?多いなァ)

 

〇綱(こう)=両生綱(りょうせいこう)

(ウーパーも両生類だったっけ?)

 

〇目(もく)=有尾目(ゆうびもく)と無尾目(むびもく)

(こんどは、ここから分れるのかァ!!!)

 

そしてアマガエル科と、トラサンショウウオ科と、これまたイメージ通りの枝分かれ。

 

 

このように、非常に動物の絵のかわいらしさに騙されてはいけない‼

骨太のしっかりした動物を学べる、知育玩具です‼

 

IMG_3103

 

この、『界』⇒『目』⇒『綱』⇒『門』と徐々に絞り込み一枚の札を特定する遊び方、

百人一首の様ではありませんか。

 

動物の事を深く知りたいみなさんや、すでにウィキペディア並に詳しい方も、是非遊んでみて下さい。

 

『ふじいまさゆき』さんのブログURL

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

伏見 見どころ・味どころ お酒と歴史の町

カテゴリ: 全般 2017.07.22 5:56 pm

IMG_2614

 

 

 

 

IMG_2612

皆さんこんにちは

広報のFです。

よろしくお願い致します。

IMG_2620

陽気を通り越し、陽射しの強い日中の7月も、もうすぐ8月。

夏本番!!

 

 

『もう夏休み。京都にでもお出掛けしようかな』といった方々に、伏見観光は如何でしょうか。

坂本龍馬も好んだ京都の南の町・伏見。

是非、お越し下さい。

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

でかでかと天狗の看板を載せて頂き、おおきにどす!

カテゴリ: かるた,全般,花札 2017.06.16 10:06 am

皆様こんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

先日、朝日新聞にて、当店製造の『うんすんかるた』を取り上げて頂きました。

『うんすんかるた』とは、花札のルーツになった、昔のカードゲームです。

朝日新聞さん、ありがとうございました。

 

さてさて、皆様が当店をお知りになるのは、どのようなメディアを通じてお知りになりますか?

 

囲碁将棋でしたら、NHKの囲碁講座や将棋講座に広告を掲載していますので、お電話してこられる方も多いです。

また、かるたですと本屋さんで目にしたとか、映画『ちはやふる』を見て出ていた百人一首をネットで調べたという人もいるでしょう。

百貨店の京都展出展時に見かけて知ったと言う人もおられますが、たまに『あァ、任天堂さんですか?』という、勘違いされるお客様もおられます。

百貨店に呼ばれて出てなければ『違いますよ~(*∀`# )ウフフ』と塩対応で1時間矯正トークが始まるところです。

 

 

そんな色々なメディアで発信している大石天狗堂なんですが、この度大変ありがたくも、微笑ましい広告に採用されたことをご報告致します。

 

 

大阪は阿倍野区にあります大阪市立工芸高等学校の3年生さんによる、学校の課題の商業用ポスター(手描き)に当店の花札をモデルにして作りたいという問い合わせがありました。

 

*大阪工芸高校は、大阪府大阪市にある公立高校です。デザインや美術分野中心の高校であり、その分野のエキスパートを目指す進学者も存在します。創設年は1923年であり、実に100年近くの伝統を持つ伝統高校です。通称は、「工芸」「芸高」。学科は 各種デザイン科及び美術科です。大阪芸術大学への進学者が最も多くを占めています。その他にも映像やビジュアル、建築関係の大学に進学する学生が大半であり、学校側もこれらの進学に対応した教育カリキュラムを組んでいる点が特徴です。
部活動においては、テニスやバスケットボールなどが男女別に展開しています。文化部はアニメーション研究部やマンガ部などアート系の部活動が中心であり、文化祭にはこれらの部が様々な催しを展開します。(大阪市立工芸高等学校HPより抜粋)

 

本高校を卒業した有名人を見てみますと、俳優の時任三郎さんや、憂歌団の木村充揮さん漫画家の多田かおるさん(故人)アニメーターの西田亜沙子さんなど、『おおおおおスゲー!!!』の人や、『え?そうなん??』という人まで、多くの方が卒業生にいらっしゃいます。

ラブライブのキャラデザの人ですよ西田さんて!!

その他に、画家さんとか、彫刻家さんとかも多く排出されているようですよ。

時任さんにいたっては、Dr.コトーの漁師「たけとし」さんですよ。

船の中で息子の手術に立ち会うシーンや、コト―先生を東京に迎えに来るシーンは、何回見ても泣けますよね。

声に出して泣けますよね。

【ぎ~んの♬ りゅ~の♬ 背に~♬ の~て~♬】

 

流石は、100年の伝統を持つ、デザイン・造形を総合的に勉強できる全国で唯一の高等学校ですね。

卒業生を見ても層々たる面々、凄い学校です!!

 

そして、今回ご相談頂いたのは、現在ビジュアルデザイン科3年の北野真由さん

『昔から花札の絵柄がとても好きで、今回課題のため調べていたところ、京都大石天狗堂様の絵柄にとても惹かれました』とのこと。

 

うムムム流石は、芸術の造詣が深い学校の生徒さんともなると、見る目が違うね!!!

若いのに渋い!!!

渋すぎる!!!!!

心より、感謝申し上げます。

 

その作品とはこちらです。

大阪市立工芸高校 北野作品 明るく

 

 

【でかでかと天狗の看板を載せて頂き、ありがとうございます】

 

京都に住み、長年同じ会社で働いていると『和風』とか『レトロ』とか『伝統的』とか。

そういった、京都らしさや日本らしさに慣らされて、むしろ現代風にアレンジしたり、海外ウケの良いデザインに走りがちですが、本来の日本の良さや、味わいといったものは、少し離れた人の方が的確にわかるもんだと思いました。

 

流石がは、工芸高校の学生さんという素晴らしい作品です。

 

おまけに、天狗堂の名前も入れて頂きました。

どれどれ((((oノ´3`)ノ

大阪市立工芸高校 北野作品 明るく - コピー

 

 

“”“”“”(;・∀・)‼‼“”“”“

…た…大変、厚かましいのですが…もうちょい…その~…。

 

いやいや、何でもないです。

 

ありがとうございます。

 

 

こちらの作品は、2018年1月27日.28日に行われます「工芸展」で展示される予定だそうです。

 

詳しく下記URLからお問い合わせ下さい。

⇒大阪市立工芸高等学校HP URL

 

追伸:その後、このブログをご覧になった北野さんからのコメント

『企業名の所は、工芸展までに何とかします。』

とのこと。

いやいやいや

お気遣いなく。

このままで良いですよ~

てか、このままの方が良いです!!

 

すみません。

冗談のつもりが、逆に気を遣わせてしまいました。

反省です。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大きな将棋の駒の置物って何?

カテゴリ: 全般,囲碁・将棋 2017.05.27 5:23 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

先日、某テレビの某ドラマで、某男性アイドルが某将棋の駒(ここは某、いらんか)を彫っていました。

 

それは、テレビゲーム機本体や、ビジネスバック位のサイズの、将棋の王将の駒のようなものでした。

ご存じな方も多いかと思いますし、私も仕事柄知っていますが、改めて『何の為に存在するのか?』『あれがあると、どうよ?』と思われる方もいるかと思います。

 

その名は【飾り駒(かざりごま。置き駒とも言う)】

欅(ケヤキ)や栓(セン)の木材で製造される事が一般的で、山形県天童市(将棋駒生産日本一)では、引っ越し祝いや開店祝いなどによく入口に飾る縁起物の置物です。

左馬(通常)

何故縁起が良いかというと、理由は沢山あります。

王将の文字の飾り駒は、それこそ将棋の駒の中で最上位が【王将】駒。つまり大将という事で【歩兵】【香車】【桂馬】【銀将】【金将】【角行】【飛車】をしたがえ、会社なら社長、家庭なら家長と、頂点に君臨する威厳と風格のある【王】の存在。

その威厳や風格にあやかり、出世や成功につながる縁起を担いでいるわけです。

 

また、飾り駒で有名な物に左馬(ひだりうま)という馬の漢字を左右反転させた字が彫られた物があります。

これは、【うま】を反転させると【まう】。

つまり【舞う】です。

古来、神前の奉納に舞は欠かせませんでした。

身分の高い者の前で踊りを披露したり、豊作を祝う農民達の踊りなど、観て、踊って楽しむだけではありません。

身を清めた巫女が舞を舞う事により、神を巫女自身の身に乗り移らせる『神がかりの儀式』にも、舞は行われてきました。

舞うという儀式自体が、神を宿す為の憑代のような意味があるのではないでしょうか。

よく魔よけに玄関の脇に、盛り塩で三角錐の山を置いてある家がありますが、あれも上賀茂神社の立砂(盛り砂ともいう)を模しており、神の憑代の意味があります。

詳しく以前書いたブログ【京都パワースポットと百人一首 上賀茂神社編】をご参照下さい。

 

また、天童で将棋の駒作りが盛んになったのは、武士の時代。

武士が馬に騎乗する際、右からだと左腰に差した刀が当たってしまい上手く乗れません。

馬の左側から左足を鐙(あぶみ)に掛け、右足を大きく上げて馬のお尻をまたいで乗るのが、武家の馬の上手い(ウマい)乗り方です。

つまり左馬とは、乗馬の基礎(左から騎乗)が上手くいくという、教えのようなものかと思います。

 

また、栓の木は、名前の通り【栓(せん)】という事から、中身が出ないようにフタをする、中に異物が入るのを防ぎ中身を守る、一旦身に付けた技能や手に入れた財産、幸運などを逃がさないという良いイメージから、縁起の良い銘木です。

そして欅の木は、太い根が地中深く伸び、大地にしっかり張る特性を持ち、樹姿が堂々としていて非常に今後の成長を望む縁起の良い樹です。また、語源が「けやけき木」「際立つ木」であることから、社運の発展を願って植えられる定番の樹。

開業・起業の際の贈り物として、出世・成功・成長・安定などを祈る、非常に縁起の良い銘木です。

 

是非、一家にお一つ如何でしょうか?

 

飾り駒/置き駒【王将】 販売ページ

飾り駒/置き駒【左馬】 販売ページ

 

 

 

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

京都の地下水 京都水盆の秘密!なぜ京都の水は美味しいの?

カテゴリ: かるた,全般 2017.05.15 6:35 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

イヤ~、暑い!!

 

もうすっかり初夏ですね。

冷たい飲み物が美味しい季節がやってきました。

 

飲み物といえば京都の水は、美味しくて口当たりも軽く、まろやかでのどごしも柔らかいと評判ですよね。

 

それもそのはず、京都の周りは美しい山々に囲まれており、その山に降り注いだ雨水が、西は亀岡・福知山方面から、北は美山・京北方面から、東は比叡山や琵琶湖方面から、河川となり京都市内に流れ込みます。

そして、京都を通り、南の大阪方面に流れて行きます。

その琵琶湖などの水を【蹴上】【松ヶ崎】【新山科】の三箇所の浄水場で浄水処理をし、京都市内で生活用水として活用しております。

 

また上水道だけでなく、山に降り注いだ雨水が地下に染み込み、京都の水瓶に溜まります。

京都の町の下に琵琶湖に匹敵する水瓶があるのは皆さんも もうご存知ですよね。

え!?

知らなかったですと?

 

少しだけ説明しますと、山々に降り注いだ雨水は、長い年月を掛け地面に浸透濾過。

その濾過された水が京都の地下水として(総量211億㎥)になり流動しています。

その水量たるや、前述の通り琵琶湖水の8割近くにもなるそうです。

凄い量の水量泥水の上に硬い岩盤載っていて、その上に1200年の都が載っかっているようなもん。

なんだか、映画アメリのあのスイーツ≪クレームブリュレ≫のうような感じですかね。

ちなみに、正式にはクレームブリュレと言うのが正解らしく、クリームブリュレは誤りらしいですよ。

クリームは英語、クレームはフランス語、ブリュレはフランス語なので、クレームブリュレがフランス映画なので正解かと。

 

 

その京都の地下水が自噴する場所が、京都南方の石清水八幡宮(八幡市)と天王山(大山崎町)の間、地下30m。

丁度、鴨川と桂川と木津川が合流し、淀川となるあたり。

この場所に、豊富な地下水が湧き出ている事と、秀吉が大山崎の合戦のおり建てた日本最古の茶室【待庵(たいあん)】があったり、サントリーの工場があったり、大阪府の中で唯一名水百選に選ばれた水無瀬神宮の『離宮の水』があるのもこの地です。

『やっぱりここだよね!』って感じですよね。

余談ですが、この地(山崎町)の蛇口からでる水は、以前は、90%地下水+10%水道だそうです。

うらやましいですよね。

*2017年6月1日時点の最新情報で、現在の山崎町は地下水を上水に使用していないそうです。

しかし、ミネラル分(カルシウムなど)を含む水の為、蛇口に白い精分が固まりやすく、蛇口など水回りの修理頻度があがってしまうのが難点だったそうです。

そういえば、筆者も社内で加湿器用に、近所の地下水(鳥せい本店横の井戸水)を使用したところ、吹き出し口に石灰質のような白い物が塊付着し取れずに往生しました。

伏見の御香宮神社境内にある湧き水(御香水)や、伏見の酒蔵などにある井戸水は、上記のような清水で、大きなペットボトルで汲みにくる方も、よく見かけます。

京都の人々は、そのため込まれた地下水を汲み上げ、生活用水として使って来ましたが、その水の恩恵と共に生活の大変さもあるのですが、それはまた違うブログにて触れていますので、良かったらご覧下さい。

大石天狗堂ブログ【京都の底冷えとかるたの関係】

 

ではなぜ、京都の水が美味しくて口当たりがまろやかなのか。

 

水には、軟水と硬水があり、1リットルあたりのマグネシウムとカルシウムの含有量で区別されます。

軟水:0~60mg/l(0~100mg/l)⇒口当たりがなめらかで癖が少ない。

中硬水:60~120mg/l(101~300mg/l)⇒軟水よりは癖あり。

硬水:120mg/l(300mg/l以上)~⇒癖があるが、その分ミネラルを同時に補給できる。

*前述 WHOによる分類(一般的な分類)

ほんの数ミリグラムの違いで、これほど口当たりなどに差がありそれにこだわる人間って、ある意味贅沢ですね。

 

しかし水が無いと生きていけませんし(人間だけじゃないけどね)、体温調節にも水分は必要不可欠。

この時期、朝晩は寒く、日中は暑いなんて日もありますが、水分をしっかりとれば、体の発熱量や発汗量が増えますので、体調管理にも良いそうですよ。

 

どこぞの芸能人の健康法に一日に何リットルも水を飲むというものがあった気がしますが、これも出来る人は良いかもしれませんね。

 

でも、日本全国を見ても埼玉・千葉・熊本・沖縄を除き、大きくマグネシウムとカルシウムの含有量は変わりません。

よく環境になじめない事を『水が合わない』と言いますが、日本全体でみると大きく違わないような気もします。

 

本来、日本人が飲みやすく美味しいと感じる硬度は約40~60mg/lだそうです。

主要な都市でも

東京 65.3mg/l

愛知 26.4mg/l

大阪 44.0mg/l

福岡 60.8mg/l

 

逆に、自然豊かで清流や農業の盛んな地域でも、上記の約40~60mg/lの範囲内だとか。

目を見張るほどの違いは、なさそうに思いますが、では、何が違うのでしょうかね。

 

 

やはりそこは、実際に京都に来て、伏見に湧き出す井戸水や、水無瀬神宮の離宮の水などを飲んでお確かめ下さい(あ、逃げた!!)

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

碁石の取り扱いと管理法!

カテゴリ: 全般,囲碁・将棋 2017.05.02 1:12 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

京都の新緑の季節がやってまいりました。

筆者の感じる京都の魅力は、歴史のある街並みや建物、伝統文化や伝統工芸などが多く残る都市。

そしてなにより、それらを包括する自然と文化の調和と思います。

 

京都の地に来て真っ先に感じるのは、すぐそばに美しい自然があり、その自然と古い街並みが、引き立てあって存在している事が、世界中の人々が感動する所以でしょう。

 

この新緑の季節におすすめは、緑と水の豊富な場所です。

鴨川沿いなら貴船(奥宮)

桂川沿いなら嵐山(渡月橋)

宇治川沿いなら伏見(桃山御陵)

小さな川も無数にあり、寺社仏閣や旧家の壁越しから覗く敷地内にも多くの樹木が生い茂り、清涼さを感じる事が出来ます。

 

これは、エアコンなどの人工の涼しさでは味わえない、水のせせらぎの『音を楽しむ』、林を吹き抜ける爽やかな風を『肌で感じる』、樹々の隙間から指す木漏れ日を『見て楽しむ』。

 

非常に贅沢な≪清涼さ≫ではないでしょうか。

またちょっとした甘味処で冷たい物を頂いたり、木陰で休んで景色を楽しむなど、誰でも楽しめる贅沢な時間です。

 

この連休に京都でゆっくり・のんびりしてみては如何でしょうか。

 

 

さて、大石天狗堂では、かるた・花札・百人一首以外に、囲碁将棋も取り扱っております。

 

その囲碁の道具に欠かせないのが碁石です。

 

良い物ですと何十万円もする碁石。

買った方は、大切に使っておられるかと思います。

 

しかし、日頃よく使っていると、汚れたりしてきますよね。

 

そんな碁石のお手入れ法をご紹介します。

 

その前に、碁石の素材は何で出来ているのか、ご存知ですか?

黒い方(黒石)は、過去には和歌山県、現在では三重県で採取される【那智黒石】という鉱石が材料です。

白い方(白石)は蛤(二枚貝)の殻の厚みのある部分をくり抜き加工して出来ます。

 

したがって、どちらも丈夫ですが、決して壊れないという訳ではありません。

むしろ、硬い床などに落として欠けさせてしまったという方もいるのではありませんでしょうか。

 

そして表面上は綺麗でも、よく見ると細かな傷などがあります。

それもそのはず、碁石を一粒だけ大事に個包装しているのではなく、白180個、黒181個もの石が、袋に入って販売されているので、ガシャガシャとぶつかり合い、擦れあっているのですから傷もつきます。

また、貝殻で出来ている白石には、傷や小さな溝に付着した汚れを放置すると、年月が経つにつれ、黄色く黄ばんだ色になります。

 

IMG_2568

IMG_2567

この細かな傷やへこみに入り込んだ汚れを取るには、表面を乾拭きだけだと取れにくいかと。

そこで、薄めの中性洗剤で素早く洗ってやります。

ここで大事なのは≪過ぎたるは及ばざるがごとし≫

何事もやり過ぎはダメです。

強い洗剤に長時間つけ置き洗いや、お米を洗うかの様にワシャワシャもみ洗い。

ましてや、さほど汚れていないのに頻繁に洗っていては、汚れは取れても肝心の石の方がダメになります。

 

黒石も白石もですが、出来ればぬるま湯か水だけで洗いましょう(特に貝殻に熱湯はワレの原因になるので絶対に厳禁です!)。

また、白石・黒石を一緒に洗ってはいけません。

理由は、後で白と黒を分けるのが大変なのと、黒石に最初からついてる油分が白石より多く、一緒に洗うとその油が移ったりします。

 

どうしても取れないしつこい汚れは薄めの中性洗剤(食器洗い用洗い用の刺激の弱い洗剤)で洗います(蛤碁石に塩素系漂白剤などもってのほかです)。

しっかり洗剤の成分を洗い落したあと、柔らかな木綿の布などで乾拭きします。

使わなくなった肌着を裂いて使用すれば、余計なお金もかからないですね。

 

 

例えば、白石は『イボタロウ(イボタカイガラムシ・イボタカタカイガラムシという昆虫の分泌物)』、黒石は『椿油』を使いケアします。

白石は基本乾拭きだけのメンテナンスで大丈夫ですが、水洗いした際は乾かした後はイボタロウで磨きます。

ビニール袋に白石とイボタロウの粉末を一緒に入れて、なじませるように優しく振りまんべんなく白石全体に付着させます。

袋から出したら、乾拭きして下さい。

 

要は、赤ちゃんの肌に使って大丈夫なら碁石にもほぼ(絶対ではない)大丈夫。

赤ちゃんを熱湯にいれて洗う人いますか?

強い洗剤や漂白剤で赤ちゃんを洗う人、いますか?

赤ちゃんを洗ったあと、びしょ濡れのまま何もせず放置しますか?

そんな事、赤ちゃんにする人いないですよね。

赤ちゃんのように碁石も大切に!

 

どうしても汚れが綺麗にならない碁石のお問い合わせは、プロである大石天狗堂まで御一報下さい。

 

 

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part3

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.28 11:53 am

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

前回までのお話で、確定した仕様や進捗をご依頼者様に伝え、本印刷や箱制作に取掛かる前の試作品を見てもらいました。

イメージ画像①

 

 

上記は、大石天狗堂の既存のかるたに、試しに作成した絵札・字札のデザインサンプルをカラーコピーして貼り付けたものです。

 

紙の厚みや箱に入れた雰囲気を見るには最適で、ご依頼者様に大変喜んで頂きました。

 

そして、ここまでの確定事項である【数量】【札サイズ】【紙の厚み】【印刷の仕様】【箱の仕様】【同梱物(解説書等を同封するか)】を再度確認、ご依頼者様もオールOKだったので、製造費を請求しました。

 

その後、入金が確認され、本作業開始しました。

 

 

 

 

 

そして完成!!

バババーン!!!!

 

IMG_2542

 

 

同じ京都市内ということもあり、ご依頼者様の所へ出来上がったかるたを配達。

 

それはそれは気に入って頂き、何度も『ありがとう!ありがとう!』と言って頂きました。

こちらの方こそ、原画からかるたになるまでの新たな可能性を学べて、ありがとうございました。

 

それまでの製作工程の事が走馬灯のように蘇り、私もウルウル、ご依頼者様もウルウルしていました。

 

 

きっと、北白川エリアで話題沸騰する事、間違いなしです。

このかるたが末永く北白川で遊ばれ、今の子供達が大きくなり

『子供の時に北白川のかるたで遊んだ事あるけど、めっちゃ面白かったで~!』

とか

『普通に気にせんと遊んだけど、めっちゃ貴重なかるたやったんやなア!』

とか

そんな声が聴けると嬉しいですね。

 

今回は、イラストや印刷などあまり詳しくないという方からのご依頼でしたが、かるたを作ってみたいという方は、他にも沢山おられると思います。

 

是非とも、結果に関係なくお問い合わせ下さい。

 

心よりお待ちしております。

 

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.27 4:39 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

桜も散り、陽射しが強い初夏が近づいている感じがする京都。

雨が降る日もあれば、曇りなのに蒸し暑かったり、えッ!!夏?っていう暑い日もあったり。

 

でも、良い季節です。

 

 

さて、前回に引き続き、京都北白川在住のご依頼者が地元の郷土について、もっと多くの人に知って貰う為に作った『北白川郷土史かるた』。

 

その製作過程のお話です。

 

いつもお世話になっている印刷会社に、ご依頼者様から頂いた絵札の原画(A4サイズのオフセット印刷)と、字札の入ったワードファイルを見てもらい打ち合わせ。

 

言い忘れていましたが、ご依頼者様は、パソコンをオフラインで使用されていましたので、『メールでワードファイルを送る』とか、『こちらから見積書をPDFにしてメールに添付して送る』とかが出来ず、USBに入れて先方のパソコンに移してから見て頂くというやり取りでした。

 

 

印刷(印刷会社の担当)『この札の絵を、すべて同じ大きさにトリミング(絵をカットする事)すると、どうしても消えてしまう部分が出てしまいますけど宜しいですか?』

印刷『右上の〇の一文字が、大きかったり小さかったり、色々ですけど、これはどうすれば…?』

印刷『文字のフォントは、指定はありませんか?』

印刷『字札の漢字にルビを入れてはどうか。小学生さんとかが遊ぶ際読めない地名もあるのでは…?』

印刷『ルビが合ってるかの確認をしてもらわないといけませんね。一度こちらでルビを振ったものを作成するので、その後チェックして貰えますか。』

 

などなど、印刷会社の担当の方が気づいた事などを提案して頂きながら、ご依頼者様の意に沿うよう、打ち合わせが行われました。

北白川郷土史かるた 文言ルビ校正

当然、筆者の一存で決められない重要な事項も出てきて、何度もご依頼者様に電話して確認しました。

 

『どうしてもここはこうして欲しい』という、こだわりの部分はおっしゃられましたが、概、『あ、そうやね。よう言うてくれはりました。その通りやわ。 宜しゅう頼んます!』

 

非常に、気さくで懐の大きいご依頼者様でした。

 

 

そんなこんなで、やっと一回目の見積もりが完成し、印刷会社が作成したサンプル画像も出来たので、プリントアウトして再度北白川のご依頼者様の所へ。

 

絵札テスト

字札テスト

元々の原画は、水彩画から取ったらしく、それをカラーコピーして使用した為、かなりの薄味な色合いだった。

しかし、色々とお任せ頂いた事もあり、元の絵からコントラストを強くしたり等の調整を、自由にさせて頂いたので、当初想像していたよりスムーズに作業が進みました。

 

これがイラストレーターさんや、企画会社さんのご依頼だと、印刷やデザインのプロだけに100分の一微妙な調整に心血を注がれているので、こうはいきません。

イラ(イラストレーターさん)『もう少し明るく』『もう少し色身を赤っぽく』など、イラストレーターさんの感覚から発生するアバウト指示があるんです。

筆者『どの位明るくでしょうか?』

イラ『もう少しかな。微妙やけどね。』

筆者(う~ん…)

 

その点、今回のクライアントは、ほとんど我々にお任せで、テンポよく進みました。

 

これは、任される側の体質にもよりますが、ご依頼者様の意に沿う形で小マメに商談を重ね、それを印刷会社に無理な納期・無理な要望にならないよう配慮しつつも出来るだけ低コストで実現し結果を出す。

 

我々大石天狗堂が!

非常に高度な営業スキルを発揮した話に見せかけつつ!!

ただの筆者の自己アピールでした!!!

つづく

 

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.26 6:16 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

本日、納品したオリジナルかるた『北白川郷土史かるた』

これは、北白川在住の方からのご依頼で製造した、オリジナルかるたです。

 

今回、(今までかるたの印刷やかるた製作などした事のない、でもかるたを作りたい。)

そんな方々の為に、かるた作りの工程を、ご依頼者の了承の元、振り返ってみることにしました。

 

本件のご依頼者は、パソコンなどは日常で使用されていますが、フォトショップやイラストレーターなど、イラスト加工などに不可欠な画像編集ソフトは勿論、ペイントなども使わずのご依頼でした。

北白川郷土かるた-2

まず最初に、A4サイズの家庭用印刷機でプリントアウトされた原稿用紙を出され。

依頼者『これが原稿。これからかるたを作って欲しい』。

 

筆者『原稿の元になるデータが欲しいのですが』

依頼者『この原稿しかないので、これをスキャンして原稿にしてくれればいいよ』

筆者『…』

このような感じで、スタートしました。

 

絵札になる一枚一枚は、縦横のサイズも違えば、枠の太さや右上の〇に一文字の部分もそれぞれ大きさが違う。

なかには、枠よりはみ出た〇も…。

 

筆者(これは大変だぞ…)

これが最初の正直な感想でした。

 

 

筆者『文字札の原稿は?』

依頼者『それはワードデータがあるよ』

筆者((ワードデータ (@目□目@;) !?))

 

恐る恐る拝見すると…

 

い 石工の名人 田中宇兵衛 良質の花崗岩を産出し、石切り場と村が近いので多くの名人、上手が生まれた。京都市内の石屋の七割が白川村出身者と伝える。かるたは泉涌寺月輪陵の菊花手水鉢(名人、田中宇兵衛の傑作)

ろ ろうそく灯す 愛宕講 北白川天神宮前の灯篭に、下池田町東部(旧宮本町)の人たちによって、火袋に今も火が灯される。昔は上町・宮本・中町・薬師町・分木町・下町ごとに灯篭に灯されていて、毎月六町の代表二名が愛宕神社にお参りしていたと伝える。

は 春はひねもす 情延山 一乗寺芸大の裏山・東山を情延山。江戸時代に茶屋四郎次郎が徳川家康から譲り受けた後、茶山と呼ぶ。旧主、信長、森蘭丸、豊臣秀吉、徳川氏、茶屋氏、杉本氏、山岡氏、川西氏。『北白川こども風土紀』

 

こ、これは…。

 

依頼者『この太字のところを字札にして…それから…』

筆者『…』

依頼者『…』

筆者『りょ、了解しました。お、お任せ下さい。』

 

こうして、『北白川郷土史かるた』の製造が始まりました。

 

つづく。

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
« 前ページへ次ページへ »
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.