おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

西武池袋『第52回 京都名匠会』大石天狗堂出展のお知らせ!

カテゴリ: 全般 2018.10.16 6:05 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

宜しくお願い致します。

 

京都の風も、秋めいて来まして、夜ともなれば肌寒さを覚えます。

皆様、お身体など崩されてはいませんか?

折角のお出掛けに最適な秋空や、美味しい味覚の物が合っても、体調を崩しては勿体ないですよね。

 

いくら昼間が陽気でも、肌寒さを感じたら、一枚羽織る服をご用意下さい。

 

さては、毎年この時期に開催されます京都の名店が一同に集まる催事。

京都名匠会

今年は第52回目となり、ますます盛況なことでしょう。

 

会期:2018年10月18(木)~25日(木)

※最終日25日は、当会場のみ午後4時閉場致します。

開催場所:西武池袋本店7階(南)催物開場

時間:10時~21時

 

皆様お誘い合わせの上、お越しをお待ち申し上げております。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

松井なつ代【どうぶつくいしんぼうかるた】完成!!

カテゴリ: かるた,全般 2018.10.01 5:53 pm

みなさんこんにちは。

大石天狗堂 広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

皆様の中には、大石天狗堂が古い花札やかるた、競技かるただけしか製作していない老舗のかるた屋と思っていらっしゃる方々も多いかと思います。

 

しかしオリジナルでかるた作りも、精力的に請け負っております。

 

そもそも大石天狗堂は、江戸時代創業です。

その永年培われた かるた作りのノウハウで言えば、日本でもっとも詳しいかもしれません。

かるた作りの歴史の中で数々の失敗や成功を積み重ね、現代のかるた作りに活かされています。

オリジナルかるたのご依頼なども(過去にこういったかるたを作ったから、こうすれば上手くいく)(これは時間がかかる)(紙の選定が難しい)など、今までの経験を元に作っています。

これぞまさに『温故知新(おんこちしん)』と言えます。

意味は【昔の事を教訓として活かせば、新しい発想・発見が生まれる】という事です。

 

しかしこの四字熟語は、本来の文章の一部が一人あるきして広まった言葉なのです。

 

原文(白文)は論語の【子日、温故而知新、可以為師矣】です。

意味は、【孔子(師)は言われた。昔の事を教訓として活かせば、新しい発想・発見が生まれる。そうすれば人に教える先生となることが出来るでしょう】という意味が本来の意味だそうです。

 

つまり、古い知識や経験を活かし、新たな事にチャレンジする。

その積み重ねを未来に継承し、また新たな挑戦をして発展する。

 

まさにオリジナルかるたとは【温故知新】の体現事業なのです。

 

そんな大石天狗堂のオリジナルかるたに、新たな商品が誕生いしました。

【どうぶつくいしんぼうかるた】

IMG_0530

 

企画・編集・作画・パッケージデザイン・販売などを【松井なつ代氏】が、製造を大石天狗堂が行いました。

 

※松井なつ代:武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学部卒業。  石川県出身、東京在住のイラストレーター。 動植物や有機的な抽象など、ステンシル技法で描いた作品多数。

 

近日中に『どうぶつくいしんぼうかるた』の個展を開催する予定だそうです。

IMG_0532

個展についての詳しい内容は、ホームページ【リテイル・ギャラリー(re.tail gallery)】をご参照下さい。

 

また作品には、作家の人となりが表れるものです。

松井さんの人間的魅力・温かい人となりなどが良く分る公式ブログ【松井なつ代のやま】も是非ご覧下さい。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石さんに聞いてみよし!『花札のルーツはどこ?』

カテゴリ: 全般,花札 2018.09.01 1:15 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

宜しくお願い致します。

 

今回のご質問は、花札を製造するお店としては、ストライクな質問

『花札のルーツはどこ?』です。

 

答えは、ズバリ 【日本】です。

以上です。

では、またお会い致しましょう~

バイナラ~(ToT)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

と、あっさり終わりでは芸がぁないですね。

 

元々のルーツをご説明します。

ポルトガル(ドラゴンカード/天正かるた)

⇒日本・人吉(うんすんかるた)

⇒日本・全国(花札/いろいろな種類の地方札)

⇒日本・関東(花札/八八花札)

⇒日本・全国(八八花札の絵柄がスタンダードに)

という経緯です。

さらに、海外などに伝わり独自の花札も生まれました。

 

では、花札の絵はそもそも誰の作品なのか?

 

これは、現在不明です。

色々な研究家の方々(自称も含み)や、愛好家の方が推測しています。

 

筆者の考えは、花札の盛んな時代に、同じように影響を与えた【南宗画/南画】や、江戸の町で人気を博した【歌舞伎や浄瑠璃】などの文化をとり入れたのではないかと考えます。

 

 

遊び方も専門的なルールや役がありまして、皆さんの知らない役もあるかと思います。

 

分り易いのは、スマホアプリなどにある花札ゲームが一般化したルールですので、無理に古いルールを持ちださなくても、皆が楽しめると思います。

 

如何でしたか?

 

今回はこの辺でよかろうかい。

せ〇どん

ちぇすとぉぉぉぉぉぉぉぉぉ‼

 

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

敬老の日 特別企画 『敬老の日・シルバーキャンペーン』開催します!

カテゴリ: 囲碁・将棋 2018.08.24 6:41 pm

期間:2018年8月27日(月)~9月14日(金)

※営業日限定(日曜・祝日は除く)9:00~18:00

場所:大石天狗堂 店舗のみ

※来店可能な方のみのイベント

※電話対応による郵送などは不可。

 

無料対称商品

ガラクタMDF13/9路囲碁盤

ガラクタMDF将棋盤

 

その他にも特価商品もございます。

 

無料対象商品は、現品在庫限りに付、なくなり次第終了致します。

 

宜しくお願い致します。

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石さんに聞いてみよし!『花札はなぜ赤と黒があるの?』

カテゴリ: 全般,花札 2018.08.24 6:21 pm

みなさんこんにちは。

広報のFです。

宜しくお願い致します。

 

お盆も過ぎて、無茶苦茶暑い日は少なくなってまいりました。

もう赤とんぼを見かけたり、彼岸花が咲きだす頃ですよね。

 

京都は三方を山で囲まれているせいか強風があまり吹かず、台風などの影響も少ない反面、熱い空気や湿気が停滞しやす為、ムシムシジメジメといった不快指数の高い状況になります。

いい加減、はやく涼しい季節にならないかと暑がりな筆者は思うばかりです。

 

さてさて、意外と反応のあるこのシリーズ!

今回は、花札の【赤】と【黒】についてです。

 

そもそも花札には、絵の描いている紙の裏から、赤い(メーカーや時代によって少し違う)紙を貼り付けた物と、黒い紙を貼り付けた物があります。

これは、遊びながら次の札をすぐに交換してスタートできるようにしているのと、二チームに分かれて遊ぶ際、となり同志の札が混ざらないようにする為。

それからこれは筆者の想像ですが、いかさま防止の為の気がします。

例えば、同じ黒裏の花札が二組あれば、【ふきかえ】や【蹴込み】といったいかさまに使われる可能性がある為かなとも思いました。

※具体的ないかさまの方法は、防犯上の為 割愛します。

 

また、赤や黒以外に青裏や緑裏は無かったのかという事です。

これは、紙の歴史になるかと思います。

 

元々花札の普及していた時代には、紙に色は付いていませんでした。

じゃあ 黒い紙や赤い紙は、どうやって作っていたかといいますと、白い紙に刷毛で色を塗って乾かしていたんですね。

 

花札屋さんの中には、この紙に色を塗る職人が居ました。

『塗師(ぬりし)』というそうです。

 

筆者も実際に見たわけではありませんが、聞く処によると、木の枠に白い紙の四方四隅全て隙間なく固定し、ストローのようなもので息をプーッと吹き込みます。

 

すると紙がパンと張った状態に。

その膨らんだ瞬間に刷毛でサササササササ―ッと色をムラなく塗るわけです。

 

この(ムラなく)というのが難しい。

また、昔の紙の固定なんてあまいもので、すぐ膨らんだあと萎みます。

紙の張り方が均一じゃないと、それだけシワや色ムラの原因になります。

 

それに、紙は水分を含むと膨張します。

当然、塗り込みの多いところは、水分も多くなり、少ないところと張り方も変わります。

 

スマホに保護フィルムを張る際、空気が入らないよう注意しながら張る位難しい(例えが分りにくい…)

 

この色ムラが札のサイズに切って貼った場合、少しの色の差になって、裏から見た際の目印になってしまいます。

 

つまり、メーカー事の職人のやり方や熟練度、その日の気候による紙の状態など、色のついた紙一つとっても簡単に買ってきて切れば良いという訳にいかない貴重な物だったのです。

赤い紙と黒い紙

この二種だけで職人も需要も一杯々々だったのではないでしょうか。

mukashinodougu

 

さらには、昔の赤色とは朱丹(しゅたん)と呼ばれる鉱物から作る【真朱(しんしゅ)】という色で、【辰砂(しんしゃ)】と呼ばれる最上の朱色は有名です。

しかし、この朱丹は高価な為、朱丹に硫黄と水銀を混ぜ焼き固めた色【銀朱(ぎんしゅ)】が、朱色として一般的でした。

 

これは朱より少し黄みがかった色で、洋名は(バーミリオン)とも呼びます。

なので花札の赤は、朱色より少し黄みがかった茶色いような、血の色のような赤茶けた色をしています。

(今は、洋紙も和紙も色の付いた物がある為、メーカーによって様々です)

 

 

それから、販売している印象なのですが、赤は関東方面に人気で、黒は関西よりに人気の気がします。

 

これは、関東が武士社会、関西が公家社会の歴史も影響しているのではないでしょうか。

 

奥州を含む坂東(関八州を含む東日本)では、武家の権勢が強く、この朱色という色は、赤備え・皆朱の槍など、武家の象徴であり特別な色でした。

 

それに代わり、関西(京の都を含む)は、帝や朝廷、公家・僧侶などの影響が強く、また黒を好んだ天下の大茶人・千利休の影響があったやもしれません。

黒にこだわった利休は、『赤は雑なる心』と嫌い、『赤とは生者の色、誰しもいつかわ死ぬ』という人生観から再生や生命の象徴の赤色に対抗した黒色を好みました。

(秀吉の金色好きにも辟易していたようですが)

その影響から関西で黒は、あの大茶人・千利休の認める色だからと、黒色好きが増えたのかもしれません。

 

しかし現代では、赤裏だろうが黒裏だろうが、好きな方で遊べば良いのです。

 

昔みたいに赤黒両方セットで購入すればいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

『大石天狗堂』とコミックスに載るだけでドキドキが止まらない!

カテゴリ: かるた,全般 2018.08.10 9:20 pm

皆さん、こんにちは。

広報のFです。

宜しくお願い致します。

 

コミックス『ちはやふる』39巻が発売されました。

 

この巻末に『おまけ4コマ』とうコーナーがありまして、その中の173ページ(桃ちゃんと僕⑤)一コマ目セリフで『小石川君はなんで大石天狗堂にはいったんや?』と出てきます。

 

これって、めちゃめちゃ嬉しいですよね。

 

いや、大石天狗堂の関係者・スタッフしか共感しえない感動です。

 

それに対する小石川君の返答が、意味不明…。

 

気になる方は、コミックスをご覧下さい。

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

花札の謎シリーズ!【桜に幕】(番外編)

カテゴリ: 全般,花札 2018.07.27 6:37 pm

皆さんこんにちは。

大石天狗堂 広報Fです。

よろしくお願い致します。

 

京都はホントに暑い‼

死ぬほど暑いです。

雨がたま~に降ったかと思えば、すぐに止み、逆にムシムシして余計に暑いです。

祇園祭の【前祭(さきまつり)宵山行事7月14日~16日、巡行7月17日】、【後祭(あとまつり)宵山行事7月21日~23日、巡行7月24日】に無事終了しました。

但し、まだまだ猛暑日が続きますので、観光で来京の方々も、くれぐれも熱中症対策を心がけて下さいね。

 

さてさて、以前に書きました【花札の謎シリーズ(桜に幕)】で、幕に絵がかれているムカデの様な絵柄について反響があり、その後も色々と調べてみました。

換骨奪胎(かんこつだったい:他人の作品や着想をアレンジし新しい物を生み出すこと)の得意な日本人が、元々何かの構図をアレンジした可能性があると書いた事がありました。

しかし、花札の絵柄に関しては、中国などの大陸から伝来した南宋画【なんしゅうが:12~13世紀に中国南部に成立した漢民族の王朝/南画(なんが)とも呼ばれる画風で、江戸時代 日本でも多くの画家達が影響を受けた】などの文化が影響している可能性がある事から、中国の絵柄や文様を糸口に考えてみました。

IMG_3495

【ムカデ絵柄 説】日本と違い、中国ではムカデを食用・漢方・美容・デトックス・お守り(足が百と書いて百足/ムカデと読む事から客足が増えるという事で商売繁盛・金運アップの御利益があると言われる)

さらには、龍の弟分であるという古事から、龍を威嚇する生物という伝承まであり(龍/竜/竜巻)除けの御利益があると考えがあるようです。

沖縄の資料などには、舟に【ムカデ船旗】を掲げ、竜巻などから船を守り、航海の無事を祈ったという記述があるようです。

※【ムカデと鶏と龍の民話】【ムカデ船旗(マーザハタ)についての民話】【龍が鶏の角を取った民話】など、中国・日本・ベトナムなどアジア圏では、ムカデが龍に対抗する生物として、扱われていたようです。

また【ムカデ船旗】を掲げることの出来たのは、南京船や台湾船など中国の福州(琉球―中国の中継の要衝)あたりの船に掲げられたようで、日本とムカデ船旗を掲げた船の関わりも深い気がします。

沖縄から九州本土にムカデ船旗の伝承が伝わり、さらに日本本土に伝承したかもしれません。

 

行楽時に気になるのが空模様。

雨(龍)除け、雷(龍)除けに【ムカデ旗】の幔幕を張り、悪天候を避け晴天の元 桜の花見をしたのが(花札:桜に幔幕)の場面と考えれば、明治以前の花札三月札はムカデの絵柄ともとれますよね。

 

 

 

【龍の絵柄 説】前述の南宋画の龍の描き方が、龍の回りにたなびく髭や雷など、糸状に伸びる線が、ムカデの足の様に胴体部分から出ている様にも見えます。

古来、龍は皇帝(王)の象徴、鳳凰は皇妃(女王)の象徴でもあり、豊臣秀吉が醍醐の桜を観覧している時に、時の権力者として天皇を差し置き、『我、天なり!』とい気持ちの表れから、この様な絵柄の幔幕を掲げたかもしれません。

 

 

【貝の絵柄 説】エンマノホネガイというトゲトゲが恐ろしげな貝に、なんとなく似ている。

奄美大島やフィリピンなどの海域で発見されており、現代ではネット通販などで1,000円位で買えるようですが、当時は珍しさから使われたのかもしれません。

古代では、『貝貨(ばいか)』という名で、タカラガイという種の貝を使ったお金が流通し、中国最古の王朝と言われる殷王朝(紀元前17世紀)・インド(14世紀頃)・アフリカ(14世紀頃)・オセアニアなどで使われていたようです。

しかも、お金にまつわる漢字には、『貝』の字が使われています。

売(買)/(販)売/(貿)易/(賃)(貸)/(貧)乏/(貴)金属/(財)宝/(貯)金/(賄)(賂)/(貨)幣/(貢)物/出(費)/…。

これらは、古代 貝がお金として使われていた名残だそうです。

金が好きだった秀吉にも、その影響が(少しは)あったかもしれませんね。

 

かなり筆者の妄想が多い今回の記事でした。

それでは。

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

オリジナルかるた【童謡百人一首】完成しました‼

カテゴリ: 全般 2018.07.06 1:05 pm

みなさんこんにちは。

大石天狗堂 広報Fです。

よろしくお願い致します。

 

突然ですが、みなさんは童謡を歌えますか?

 

ヤブカラボウで失礼しました。

 

実は、今年2018年は、童謡100周年の年なんです。

 

大正7年(1918年)7月1日に、文芸雑誌『赤い鳥』が発刊されました。

この『赤い鳥』には、日本を代表する多くの詩人や作曲家が参画し、沢山の動揺が生まれた雑誌なのです。

つまり、昨日【2018年7月1日】は、多くの童謡を世にしらしめた雑誌『赤い鳥』が誕生して100年の日だったので、童謡が誕生して100周年ということなのです。

 

純粋で可能性を秘めた子供たちの心に、(文化)(芸術)の力で寄り添ってきた童謡は、現代の子供だけなく、忙しさに心が疲れた大人達にもきっとあたたかい優しさを思い起こしてくれることでしょう。

 

そんな【童謡生誕100周年】を記念し、(童謡日本推進機構)が中心にイベントや講演などを行ってこられましたが、この度『童謡百人一首Ⓡ』というアイテムも出来上がりました。

企画・編集・作画・パッケージデザイン・販売などを童謡日本推進機構が、製造を大石天狗堂が行いました。

商品について詳しい内容は、童謡日本推進機構の運営する公式ホームページ【童謡ニッポン】より商品販売ページをご参照下さい。

童謡百人一首 商品案内ページURL

dabe71555539fc4cd88168bd4bb4db75-768x507

遊び方は簡単です。

例えば【桃太郎】という童謡ですと

も~もたろさん ももたろさん♪

おこしにつけた~ きびだんご~♪

ひとつ~ わたしに くださいな~

という歌ですが、読み手さんが青字の上の句が書かれた札(読札)『も~もたろさん…』を歌い始めます。

すると、取り手さんは赤字の下の句『ひとつ~ わたしに くださいな~』の書かれた札(取札)を早く取るという遊びです。

 

まさに百人一首!

 

むしろ童謡を覚えてるいる人の方が、百人一首の和歌を覚えている人より多いかと思いますので、いきなりこの【童謡百人一首Ⓡ】を買って遊び初めても、すぐ楽しめると思います。

 

慣れてくると百人一首と同じように(音になる前の音 F音)などを聞き分け、ほとんど歌う前に 札を取ってしまう高等技術も。

『百人一首は覚えられないけど、昔から音を拾うのには自信があって、カルタ界での伝説的スキル【感じ】は良いんだよね~』という人にはうってつけ。

 

さらには、映画『ちはやふる』のように、綾瀬千早のライバル、現役高校生クイーン松岡茉優さん演じる若宮詩暢(わかみやしのぶ)の名台詞

【団体戦なんて お遊びやったって 全員に言わしたるわ!!】

と言い放つ日が、いつかやってくるのですね。

 

楽しみです!

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

京都パワースポットと百人一首!【八坂神社編】(パート2)

カテゴリ: かるた 2018.06.26 9:46 am

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

パート1から1年半も経ってのパート2です。

皆様、すっかり忘れておられたのでは無いですか?

気になる方は、パート1からどうぞ。

京都パワースポット!【八坂神社編】(パート1)URL

 

 

もうすぐ京都では、日本三大祭の一つ【祇園祭】が始まります。

京都市内で7月1日~31日までの1カ月間、様々な神事が執り行われる、京都を代表する祭礼です。

この祭は、何を隠そう八坂神社1100年の伝統を持つ、由緒ある祭礼なのです。

 

そもそも祇園祭と呼ばれるのは、八坂神社が明治以前は、【祇園社(ぎおんしゃ)】と呼ばれ、その祭神が祇園精舎の守護神であることからこの名が付いたようです。

それでは祇園(ぎおん)とは、どういう意味なのか。

実は、祇園精舎【お釈迦様が修行したインドの寺院の一つで、正式名:樹給孤独精舎(ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ)】からついた名前で、日本に伝わって来る間に、漢訳・和訳の際 略されたようです。

平家物語の冒頭『祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり…』で聞き覚えがある、あの祇園精舎です。

元々祇園祭ではなく【祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)】と呼ばれていた神事で、貞観11年(869年)京の都や日本各地に疫病が流行った時、京都の庭園:神泉苑に当時の国の数と同じ66本の鉾を立て、祇園の神を祭り、神輿を出して疫病退散を祈願したそうです。

 

私の知る限り京都に住む人で、祇園祭を知らない人はいないと思いますが、見に行った事は無いという人は、案外居ます。

理由としては、人が多くトイレや電車もどこも混むし、飲食店は普段でも高価なのにさらに便乗値上げしてんのとちゃうか?と言う位高価。

移動手段も自転車(京都市内に住むと自転車が便利)に乗って移動は不可能なほど人で混むし、停める所を探すのも大変。

そして最大の理由は【いつでも行けるから!】です。

なんか上から目線の言いようですが、普段通勤通学・お買い物などで通っている場所に、山鉾や出店が出ているので、特別感が薄らぐのかもしれません。

 

 

しかし毎年京都在住の人こそ祇園祭に行くべきです。

 

祇園祭を執り行う八坂神社の祭神の一柱:スサノオノミコトは、疫病を鎮める神。

※京都では、疫病に悩まされていた、

 

食中毒を起こす【腸管出血性大腸菌(O-157、O-111などがある)】【カンピロバクター】【黄色ブドウ球菌】【サルモネラ菌】などの高温多湿を好む細菌もこの時期からニュースを賑わします。

また、【プール熱(咽頭結膜熱/いんとうけつまくねつ)】【とびひ(伝染性膿痂疹/でんせんせいのうかしん)】【リンゴ病】【手足口病(てあしくちびょう)】【ヘルパンギーナ】【風疹(ふうしん)】【水イボ(伝染性軟属腫/でんせんせいなんぞくしゅ)】【水虫(みずむし)】など、食欲が落ちて抵抗力の下がっている暑い季節に、伝染するウイルス性の病気なども恐い病気です。

これらの病気(症状)を昔の人は、原因が解からない不思議な現象として、人外の(呪い)(祟り)と考える人が多かったようです。

特に、気象現象や大多数の人に及ぼされる災害などの超自然的力を『神がお怒りじゃーッ!』と畏れました。

皆既日食や皆既月食 竜巻や台風 山彦(登山した時のヤッホーの事ね)や地震もすべて、神や精霊 鬼や龍や大ナマズなどが引き起こすと思われてきました。

古代日本から中世日本まで、こういった目に見えない、しかし人々に害を及ぼす物を、人外の所業ととらえ、その原因を衛生対策や健康維持ではなく、精神や宗教に判断を委ねて行動していたようです。

江戸時代ですら病で寝込み、薬師や医師の見立ても芳しくない場合、寺社の加持祈祷に頼っていたようです。

 

という事から、疫病鎮護の神(スサノオノミコト)を祀る祇園社(八坂神社)の祭礼が、毎年行われ一時応仁の乱から33年間程中断しましたが、1500年に復活してから、現在も受け継がれているのですね。

 

パート2にして、2+3+4位のボリュームで、すみません。

次回は、もっと長いかもよ <`η´>ヶヶヶ

 

 

シリーズ過去ブログ

京都パワースポットと百人一首!【八坂神社編】(パート2)

京都パワースポットと百人一首!【金閣寺編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首!【嵯峨小倉山編】(パート3)

京都パワースポットと百人一首!【嵯峨小倉山編】(パート2)

京都パワースポットと百人一首!【嵯峨小倉山編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首!【八坂神社編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首!【北野天満宮編】(パート5)

京都パワースポットと百人一首!【北野天満宮編】(パート4)

京都パワースポットと百人一首!【北野天満宮編】(パート3)

京都パワースポットと百人一首!【北野天満宮編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首!【北野天満宮編】(パート2)

京都パワースポットと百人一首!【貴船神社編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首!【貴船神社編】(パート2)

京都パワースポットと百人一首!【貴船神社編】パート3)

京都パワースポットと百人一首!【白峯神社編

京都パワースポットと百人一首!【上賀茂神社編

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大阪北部地震 震源から近い京都・大石天狗堂はその時!

カテゴリ: 全般 2018.06.21 11:43 am

皆さんこんにちは

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

今週休み明け朝方、6月18日(月)8時頃に発生しました、大阪北部を中心とした震度6弱の地震。

死傷者も出て大変な事になりました。

関西では、1995年1月に発生した【阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)】が、23年前と当時の事を知る人も多く、リアルに当時を想起し、恐怖に感じた方も多かったようです。

また、地震発生時がちょうど通勤時間と重なり、多くの人の生活に影響を与えました。

 

筆者は、出勤直前まで屋外にいた事と、通勤に電車を使わない事もあり、会社に着いてから、事の重大さを知った次第です。

京都は家屋の倒壊や人的被害こそ、大阪に比べ少なかったのですが、京阪電車・阪急電車・JR西日本などの交通マヒが深刻でした。

 

高槻・枚方を通る路線のトラブルを受け、運行ストップで最寄り駅で降ろされた乗客が、そこからタクシーやバスを使って帰宅しようとして混乱したり、

救助活動や緊急車両の通行に支障をきたしたり、降ろされた人の関係者が車で迎えに来てさらに混乱…。

 

 

 

永岡京市から阪急電車で通勤途中に、電車に二時間閉じ込められた会社の同僚から聞いた話だと『地震発生当初は、ケータイが繋がりにくく状況が分らない為不安でした。動かない電車内で2時間近く閉じ込められ、いつ動くかも解からず、心配や会社に迷惑を掛けている気分で申し訳ない気持ちだった。電車の電気は生きていたので、クーラーがついていたのがせめてもの救いでした』との事。

やっと車内から脱出出来ても、最寄り駅まで線路内を歩き、さらに歩いて帰宅したそうで、それはそれは大変だったようです。

 

大阪から京都に向かっていた人も『交通マヒに巻き込まれ、1~2時間車で走行してもまったく動かず、まだ大阪市内から抜け出せない』と言っていました。

 

飲食店を経営する枚方の知人は、店の食器などが倒壊したと言っていました。

 

会社に定期集荷に来る運送業者さんは、『エレベーターが動かないのですべて階段による配送になる。時間通り配達出来ないので荷物が捌ききれない。折角荷物を持って行っても会社が臨時休業で誰もいない』と嘆いておられました。

さらに、昨日(6月20日現在)聞いた話だと『高槻の被災者宅へ、友人知人親族が、救援物資を個別に送られた荷物が捌ききれなくて、近隣エリアのドライバーも応援に行くことに。私も明日行きます』と言っておられました。

 

この度の震災により亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族やご友人を亡くされた方には、一日も早くお心が癒えますよう、心よりお祈りいたします。

また、怪我などをされ、今も尚苦しんでおられる方とご家族様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
次ページへ »
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2018 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.