2019年12月24日 ニュースブログかるた全般

みなさんこんにちは。

広報の藤澤です。

よろしくお願い致します。

 

あと数日で2019年も終わりですね。

あっと言う間の一年でした。

 

振りかえれば色々な事があったのでしょうが、何があったかすっかり忘れてしまっている筆者でした。

 

ただ、来年は大石天狗堂が創業して220周年の年。

 

何かイベントなり、新商品なり、考えねばならんと言う事で、企画が進行中です。

もう暫くお待ち下さいませ。

 

さて、皆さんもすでに読まれた方も多いかと思います『ちはやふる』の最新刊。

今回も泣けるシーンが多く、心があったかくなりましたよね。

 

たくさんあった感動シーンの中から、筆者が特に良いと思ったのが、千早のお父さんがクイーン戦用の着物の配送ミスしたせいで、お姉ちゃん(千歳)が夜行バスで届けるシーン&ミスを謝る父親のシーン。

 

最初、配送ミスをしたと知った母親が『バッカモ~ン!何をやっとるんだ‼』と、磯野波平ばりに怒ります。

読者の中にも、同じように呆れられた方も多かったでしょう。

しかし、父親の女々しい言い訳が始まり、よくよく聞けば

(そもそもコンビニ店員が送り状を受け取る際、取り違えてしまい、外観が同じ姉妹二人のスーツケースの区別がつかなくなった)

(中身を確認しようとするも、娘とはいえ女性の私物を勝手に開け、ジロジロと確認出来ないこともあり、少しだけ開けて確認することに)

(たまたま開けた側のスーツケースに、手作りのダディベアのお守りが)

(それは、千歳の初めての海外ロケの時、当時中学生だった妹が姉の旅の安全を心配し、わざわざ持たせたという物だったが、そんな事を知らない父親)

(そのダディグッズが入ったスーツケースを見て、てっきり以前から好きと言っていた千早のスーツケースはこっちだと勘違いしてしまった)

(千早が中学生の時に持たせた手作りのお守りを、姉が数年間 大事に持ち続けてたなんて知る由もない父)

※ここまでで、既にこの文章を書いてる筆者の涙腺が…

 

このお父さんの娘達に対する接し方を想像すると泣ける!

【妹(千早)がダディベアが好きな事】も分かってた(エライぞ!)

【姉(千歳)がそうじゃない事】も分かってた(さらにエライぞ!)

娘の事を、普段から愛して見ているからこその、起きた事故です。

 

その事情に気付いた母親は、もうこれ以上父親を責めるようなことは言えない風。

 

それに、仕事で遠路はるばる着いた佐賀から、疲れた身体をおして夜行バスで何時間もかけて、間違って佐賀に着いた荷物(中身は千早がクイーン戦で着る予定の着物)を届けに来てくれた。

有名な芸能人が身を隠しながら、寝ないで妹の一世一代の晴れ舞台にっやてきて、勧学館に着いたとたんバタンキュー。

本当に妹思いの優しい姉ですこと。

普段は、憎まれ口をたたき、偉そうに姉貴づらしているのに、妹からのお守りを大事に持ってたり、徹夜で夜行バスで駆けつける姿に、最高の姉妹愛を見させて頂きましたよ。あたしゃ~(´;ω;`)ウッ…

 

また、そんな千早のドキュメンタリーの撮影をするカメラマンが『(逃げないで頑張る)被写体を撮影していると、その周りの可視化されない応援する人も一緒に撮れる。 そういった被写体を助け、支える人たちを、広く世に知らせる事が出来るこの仕事が大好きだ』と語ります。

カメラマンさん!

筆者も同じ気持ちだよ!

一緒に千早を応援しようじゃありませんか‼

 

 

本当に、毎回泣けるね。この漫画は。

 

本年もあとわずかですが、来年もよろしくお引き立ての程、よろしくお願い致します。

来年も皆様にとって、より良い一年でありますよう、社員一同 心よりお祈りしております。

 

 

先着100名様限定 創業220年 特別企画 第一弾
ご注文・お問い合わせ 075-603-8688 商品見学に店舗へお越しください!外国の方も歓迎!
 

店舗営業日カレンダー

お問い合わせはこちら