2013年05月31日 ニュースブログかるた全般

こんにちは、大石天狗堂の広報Fです。

 

さてさて、皆さん5月27日が『百人一首の日』なのをご存知でしょうか。

 

1235年(文歴2年)5月27日、京都嵯峨野小倉山の麓にあった山荘『時雨亭』にて、

平安時代末期(西暦1000年頃)から鎌倉時代(もちろん1235年)までに詠まれた

著名な和歌のうち、藤原定家(ふじわらのさだいえ)【*音読の(ていか)で有名】によって

一人一首で100首選ばれたのがこの日とされています。

 

では、この『定家』とはどういった人物だったのでしょうか。

 

家柄は、藤原四家の一つ藤原北家(ふじわらほっけ)御子左家(みこひだりけ)の出で、

歌人として著名な藤原俊成(父)定家(子)が現れてからは歌道の家として確立し、

長く歌壇に君臨しました。

余談ですが、定家の子、為家(ためいえ)は歌人としてだけでなく蹴鞠上手でも知られ、

鞠道の飛鳥井流に並ぶ『御子左流』の元になった。

 

最終官位は正二位(上から3番目)権中納言で別の呼び名は『黄門侍郎』または『黄門』でした。

あの天下の副将軍、水戸黄門こと徳川光圀と同じ官位だったのですね。

水戸光圀公は、隠居後権中納言になったが、最終官位は、没後 贈正一位(最高位)。

 

定家の性格ですが書体からして強情で偏屈だったそうで、我が子の出世の為に激しく藤原実宣と争うなどかなりの激情家、殿上で友人を燭台で殴りつけ謹慎処分をうけるなど、イメージと違いかなり過激な個性の人だったようです。

 

「ていか」とは本来の読み方「さだいえ」の有識読みである。

しかし藤原定家(ふじわらのさだいえ)より「ていか」の方が、耳馴染みですよね。

 

*有識読み(ゆうそくよみ)=日本の歴史の中で、古来からの慣例・通例に従い、漢字で書かれた語を音読みの読み方で読むことを指します。

いわゆる一般的な通称を指し、江戸時代より前の特定の歌人や文人に使われた呼び名が多いです。

故実読みと同じで、『安倍晴明(あべのせいめい)』や『二宮尊徳(にのみやそんとく)』などが例に上げられます。

 

現在残る、定家の家系では『冷泉家』(れいぜいけ)が有名であり、御子左家の分家で冷泉流歌道を伝承する由緒ある家柄です。

現在の冷泉家当主は25代為人氏である。

実は、為人氏は婿養子で奥様である貴実子さんに見初められ、ご結婚されたそうです。

結婚当初は、貴族の家柄である冷泉家での生活に戸惑いや後悔の念を感じ、身体崩されたりしたそうです。

しかし、為人氏49歳の時、頭首のみが入れる家中の神聖な場所『御文庫』にて、藤原俊成の歌論集『古来風躰抄』を見て雷に打たれたような衝撃を感じたそうです。

その書のあまりの美しさに、俊成公から『冷泉家と歌道文化、日本文化を頼むぞ!』と言われた気がしたそうです。

その時 為人氏は、(冷泉家の蔵番)(日本文化の蔵番)になろうと決意し、現在 芸術や教育の分野にも精力的に活躍されています。

自分の仕事はこれだ!と思われたそうです。

 

これは、すべての人に通じることではないでしょうか。

『己の役割』を知り、『一所懸命』に生きる事が大切かと思います。

 

筆者も頑張るぞ~!

お~‼

 

 

 

ご注文・お問い合わせ 075-603-8688 商品見学に店舗へお越しください!外国の方も歓迎!

店舗営業日カレンダー

お問い合わせはこちら