光琳かるた カテゴリ

江戸時代の画家尾形光琳作で、現在残っている小倉百人一首の中でもっとも豪華で華麗な「歌かるた」といわれています。

読み札には歌の作者を描き、取り札には歌意を表す花鳥風月を描いており、観賞用としてもたいへん価値のあるかるたです。

光琳かるたのご紹介サイトはこちら

ご注文・お問い合わせ 075-603-8688 商品見学に店舗へお越しください!外国の方も歓迎!

店舗営業日カレンダー

お問い合わせはこちら