2020年03月05日 百人一首ニュースブログ全般

皆さんこんにちは。

広報の藤澤です。

よろしくお願い致します。

コロナが収まりません。

このほど経産省によると、ネットオークションなどのECに対し、「マスクの高値取引の自粛」から、2020年3月14日より「マスクの出品自粛(小ロットでの販売に限り可能)」と要請するようです。

また現在、24時間体制(通常の3倍、週1億枚製造状況)に加え、「マスク製造設備導入支援補助金」を活用して、3月第2週目までにマスクの生産設備の導入などを行う事業者について、第1弾として3件を採択したようです。

これにより、転売目的で買い占めていた出品業者に対し、「利ザヤが出なくても、一般マスクメーカーの供給が増えて来る前に、早目に売りさばかないと損をする」と、市場への適正な供給につながればとの狙いじゃないでしょうか。

3月中旬以降からマスクが安定に市場・ネット販売で手に入る見込みだと思います(たぶん)。

でもその頃には、杉花粉も落ち着き、マスクの需要も下がると思いますが。

 

また消毒用アルコールは、通常の1.8倍の生産ペースからさらに増やす予定だとか。

トイレットペーパーやティッシュペーパーに対しても、「これらの紙製品は、現在、通常通りの生産・供給を行っています。原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています」と訂正。安心して落ち着いた行動をとるよう呼びかけている。(経産省HPより抜粋)とあります。

どうせなら、マスクと同様、アルコールもトイレットペーパーも、転売の自粛要請をすればよいと思うのですが、どうなんでしょうね。

病院などの医療関係者は、高額でも手に入れなければ、通常の診察から手術に至るまで、業務が出来ません。

その弱みに付け込んでの転売業者に対しては、花粉症やコロナ以上の緊急性が伴うのですから、経産省だけでなく厚労省・総務省・法務省など、垣根を越えて連携し、迅速かつ速やかに対応して欲しいものです。

実際、このブログを執筆現在も、マスクや手指消毒用アルコールは、入手困難です。

よろしく、よろしくお願いします。

#コロナウィルス

#マスク転売

#経産省転売自粛

#オークション転売自粛要請

#トイレットペーパー

#消毒用アルコール

 

先着100名様限定 創業220年 特別企画 第一弾
ご注文・お問い合わせ 075-603-8688 商品見学に店舗へお越しください!外国の方も歓迎!
 

店舗営業日カレンダー

お問い合わせはこちら