おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)

カテゴリ: 花札 2016.03.30 2:58 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

京都の気温も徐々に温かくなり、温かい日がしばらく続き、また少し寒さが戻りの繰り返し つまり【三寒四温】の日々で、そろそろ本格的に春?てな感じです。

花粉飛散も落ち着き(でもまだ飛んでますけど)、桜も徐々に咲き始めています。

京都も観光に適した良い気候になりつつありますが、皆様のご予定は、如何ですか?

 

桜は、見ごろがありますが、逆に見ごろは、人が多いので、悩ましい処です。

news19b

京都伏見の黄桜カッパカントリーさんには、珍しい黄桜が咲きます。

news19c

 

それに大倉記念館さん傍の川には、十石船・三十石船などの水面から川縁の桜も楽しめる遊覧スポットもあります。

そんな風情と見どころたっぷりの伏見に、是非お越しくださいませ。

 

 

 

さてさて、久方ぶりの花札の謎シリーズです。

今回は、4月の札『藤に杜鵑(ホトトギス)』です。

花札『藤 4月札』

 

この藤の花は、大昔の書物『古事記』にも登場するほど、古くから日本に生育し、さらには、非常に樹齢の長い樹種です。

ちなみに地球上で長命な生物には 【ミル貝、アイスランド貝、赤ウニ、ベニクラゲ、カメ、ホッキョククジラ、鯉…等】 150年から250年は生きる種もあります。

しかし、植物ほど長命な生物は類をみないでしょう。

例えば、1,000年以上生きる種の例として 【キソウテンガイ】(アフリカ・ナミブ砂漠生息)の様な特殊な物から、【屋久島の縄文杉】の様に、推定樹齢が7,000年を超える個体もあるようです。

前述したとおり、藤も長命で、藤の薄い青紫色が高貴な色とされてきた事や、着物の女性をイメージさせる繊細さと気品さ合わせ持った優美な花として、多くの日本人に愛されてきました。

しかし、花札の謎シリーズでは、そんな藤と杜鵑が何故組み合される事になったかについて、筆者が勝手にツラツラと書き込んでいきますので、よろしくお願い致します。

 

例にもれず、今までに取り上げてきた花札の植物達同様、非常に実用的な特性を持っています。

 

≪藤の花の特性≫

【根】は、痩せた土地でも良く育ち、食用に用いられてきました。

【瘤】は、胃がんの薬として重用。(へェ~!)

【若芽】 は、ゆでて和え物や炒め物として食べられる。(春に食卓に並ぶ家庭もあるかも)

【花】は、天ぷら・花茶として古くから親しまれる。(戦国時代は、塩をつけて食べてたのかな?)

【実】は、食用(これは普通にありえる)

【蔦】は、籠・布・紙・家具=非常に強く切れないので、古代の石棺を引く綱としても使われたそうです。ヤマトタケルが船の纜(トモヅナ)をつないだとか(そんなに強いの!?)

京都の丹後半島では、明治末期まで 『藤布が作れない女を嫁にもらうな』 とまで言われるほど、日常的に活用されていたようです。

根さえ傷つけなければ、100年200年と長生しますし、樹齢1200年の古木なんてのもあり、御霊木・御神木と呼ばれ大切にされている個体もあります。

しかし藤は、快適な生育環境だと花を咲かせない為、わざと生育しにくいよう根を切る場合もあるようです。

とにかく【松に鶴】や【菊に盃】のブログでも書きました様に、長命・有用・実用を表すような、良い花なんですね。

 

 

また杜鵑(ホトトギス)にも中国の古いお話があります。

 

むか~しむかし、中国神話の頃のお話。

古代蜀の国に、【杜宇(とう)】、後の【望帝(ぼうてい)】という名前の王様がおりました。

この方、元々は天界の養蚕(つまり織物や布などを司る)の神様で、人間界に降臨し王になったのだとか。

王位退位後に修行を積んでホトトギスとなり(え?なんで?)、毎年春が来るたびに鳴いて、人々に春の訪れを報せたと言います。

田 鵑の鳴き声を聞き 『はうっ!あの鳥は、杜宇様の生まれ変わりじゃ~!そうに違いない!!』 と言ったか言わなかったか、それからホトトギスの漢字を【杜鵑】と書くようになったという説があります。

 

卯月八日は、別名 『花折り節句』ともいい、田畑農産物の神様をお迎えするために、藤などの花を、山から取ってきて竿の先に付け、庭や田に立てたそうです。

この花々のお供えは、神様 が田におりてきた時の『憑代』と考えられており、藤は農民にとって神聖な木として敬われ愛されてきました。

 

また、杜鵑(ホトトギス)も  『勧農鳥』 として農民に重用されてきました。

杜鵑がやって来て鳴く止まり木でもあった藤は、 古来文学や絵画の題材にも杜鵑と対で表現される事が多かったようです。

 

この望帝、天界の養蚕の神であった事に 『ピン!』 と来た方もおられるでしょう。

京都が栄える前、渡来系の人々・秦氏がこの山背の国には住んでおり、養蚕や土木に特化した技術を持って君臨しておりました。

当然、京都以外にも親類縁者が居て、もしかすると花札の絵柄を考えた人の中に、この渡来系の末裔の人が携わり、【美しい構図】だからと言う理由だけでなく、中国の古代の神である杜宇様を敬う思想なども、後世に残す為にこの絵柄を採用したのかもしれませんね。

飛躍した考えかもしれませんが皆さんは、如何お感じになりましたか?

それでは。

 

販売ページ 花札『総理大臣の花かるた』はこちら

 

販売ページ 花札『金天狗』はこちら

 

販売ページ 花札『銀天狗』はこちら

 

販売ページ 花札『リンカーン』はこちら

 

 

 

シリーズ一覧

花札の謎シリーズ 5月札!!『杜若に八つ橋』(2013.7.2)

花札の謎シリーズ 7月札『萩に猪』(2013.7.12)

花札の謎シリーズ 赤短『あかよろし?』(2013.8.13)

花札の謎シリーズ 9月札『菊に盃』(2013.9.6)

花札の謎シリーズ 10月札『鹿に紅葉』(2013.10.13)

花札の謎シリーズ 11月札『柳に小野道風』(2013.10.26)

花札の謎シリーズ 『表菅原』(2013.11.20)

花札の謎シリーズ 12月札!!『桐に鳳凰』(2013.11.25)

花札の謎シリーズ 1月札!!『松に鶴』(2014.8.12)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇(2014.8.19)

花札の謎シリーズ 2月札!!『梅に鶯』(2014.8.29)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』後篇(2014.12.11)

花札の謎シリーズ 『こいこい』って意外とあれなのね(2015.8.28)

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)(2016.3.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』前篇(2016.5.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』後篇(2016.6.3)

花札の謎シリーズ8月札『芒に月(山に月)』(2016.9.13)

花札の謎シリーズ 『映画サマーウォーズ』に出て来る花札!!(2017.8.18)

花札の謎シリーズ 『11月札と12月札は別格!?』(2017.11.18)

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.