皆さん こんにちは。

広報の藤澤です。

宜しくお願い致します。

 

会社の近くの小学校では、桜が咲いていました。

もう春ですね。

花粉症などに悩まされていませんか?

(なんかサザエさんの来週の予告みたい…)

 

さてさて、人気のコーナー【大石さんに聞いてみよし】

この”みよし”とは、お察しの通り京都弁で(~なさい・さい)という意味です。

ですから(早くしなさい)は、(はよしよし)となります。

少し命令口調で、英語の【please】より【Be】のニュアンスの時に使いますね。

皆さんも是非使ってみて下さいね。

 

さてさてさて

その【大石さんに…】コーナーに取り上げる今回のテーマ

『手織りプチ』

です。

これは、日本初(たぶん)

卓上に置いて簡単に出来る機織機のおもちゃの名称で、先代(8代目)の前田俊行が考案し販売しておりました。

当時は、外国製の高価な物しかなく、子供達が使うにはあまりにハードルが高かった。

そこで、手織り機の楽しさや、日本の伝統を伝えるべく、苦心に苦心を重ねまくり出来上がったのが【手織りプチ】です。

 

特徴は、縦糸をセットする手間を省く工夫や、軽くてコンパクトな物、そいして安くて、常温で保管でき、お湯で戻る…

いやいや

これは違う商品ですね。

 

※連続テレビ小説『はやとり』やらねェかなァ!

 

手織りプチは残念ながら既に廃版ですが、後継機である【卓上手織り機プラスチック製】が現在も販売しております。

また、興味ある方は、解説書を添付しますのでご覧になってみて下さい。

卓上手織り機プラスチック製 販売ページURL

 

 

ご注文・お問い合わせ 075-603-8688 商品見学に店舗へお越しください!外国の方も歓迎!

店舗営業日カレンダー

お問い合わせはこちら