おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

西武池袋『第52回 京都名匠会』大石天狗堂出展のお知らせ!

カテゴリ: 全般 2018.10.16 6:05 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

宜しくお願い致します。

 

京都の風も、秋めいて来まして、夜ともなれば肌寒さを覚えます。

皆様、お身体など崩されてはいませんか?

折角のお出掛けに最適な秋空や、美味しい味覚の物が合っても、体調を崩しては勿体ないですよね。

 

いくら昼間が陽気でも、肌寒さを感じたら、一枚羽織る服をご用意下さい。

 

さては、毎年この時期に開催されます京都の名店が一同に集まる催事。

京都名匠会

今年は第52回目となり、ますます盛況なことでしょう。

 

会期:2018年10月18(木)~25日(木)

※最終日25日は、当会場のみ午後4時閉場致します。

開催場所:西武池袋本店7階(南)催物開場

時間:10時~21時

 

皆様お誘い合わせの上、お越しをお待ち申し上げております。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

松井なつ代【どうぶつくいしんぼうかるた】完成!!

カテゴリ: かるた,全般 2018.10.01 5:53 pm

みなさんこんにちは。

大石天狗堂 広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

皆様の中には、大石天狗堂が古い花札やかるた、競技かるただけしか製作していない老舗のかるた屋と思っていらっしゃる方々も多いかと思います。

 

しかしオリジナルでかるた作りも、精力的に請け負っております。

 

そもそも大石天狗堂は、江戸時代創業です。

その永年培われた かるた作りのノウハウで言えば、日本でもっとも詳しいかもしれません。

かるた作りの歴史の中で数々の失敗や成功を積み重ね、現代のかるた作りに活かされています。

オリジナルかるたのご依頼なども(過去にこういったかるたを作ったから、こうすれば上手くいく)(これは時間がかかる)(紙の選定が難しい)など、今までの経験を元に作っています。

これぞまさに『温故知新(おんこちしん)』と言えます。

意味は【昔の事を教訓として活かせば、新しい発想・発見が生まれる】という事です。

 

しかしこの四字熟語は、本来の文章の一部が一人あるきして広まった言葉なのです。

 

原文(白文)は論語の【子日、温故而知新、可以為師矣】です。

意味は、【孔子(師)は言われた。昔の事を教訓として活かせば、新しい発想・発見が生まれる。そうすれば人に教える先生となることが出来るでしょう】という意味が本来の意味だそうです。

 

つまり、古い知識や経験を活かし、新たな事にチャレンジする。

その積み重ねを未来に継承し、また新たな挑戦をして発展する。

 

まさにオリジナルかるたとは【温故知新】の体現事業なのです。

 

そんな大石天狗堂のオリジナルかるたに、新たな商品が誕生いしました。

【どうぶつくいしんぼうかるた】

IMG_0530

 

企画・編集・作画・パッケージデザイン・販売などを【松井なつ代氏】が、製造を大石天狗堂が行いました。

 

※松井なつ代:武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学部卒業。  石川県出身、東京在住のイラストレーター。 動植物や有機的な抽象など、ステンシル技法で描いた作品多数。

 

近日中に『どうぶつくいしんぼうかるた』の個展を開催する予定だそうです。

IMG_0532

個展についての詳しい内容は、ホームページ【リテイル・ギャラリー(re.tail gallery)】をご参照下さい。

 

また作品には、作家の人となりが表れるものです。

松井さんの人間的魅力・温かい人となりなどが良く分る公式ブログ【松井なつ代のやま】も是非ご覧下さい。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2018 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.