おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

大石さんに聞いてみよし!『坊主めくりに蝉丸は含みますのん?』

カテゴリ: かるた,全般 2018.02.19 5:12 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

先日、京都新聞夕刊に『よく聞くけど、蝉丸って?』という見出しで、でかでかと蝉丸の記事が掲載されました。

当店代表の写真も掲載され、大石天狗堂に注文が殺到か‼

さぁ!急増する注文の嵐に『今日は残業かぁぁぁぁぁ!』

『明日は、朝6時の出勤対応かぁぁぁぁぁぁ!』

と、思いきや、まったくいつも通りでした。

ええ、いつも通りですとも。

 

 

そもそも蝉丸っていったいどんな人ですか?という人も居るかもしれません。

 

【蝉丸(せみまる)】生没年不詳。 盲目の琵琶(ギターやマンドリンのような昔の楽器)の名手だったと言われ、坊主(僧侶)かそうでないかも不明な謎の人物です。

百人一首では、№10「これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」の和歌が詠まれています。

(今昔物語集)では、『敦実(あつみ)申しける式部卿の宮の雑色(雑役を務める身分の低い役人)』との記述があります。

(和歌色葉)には、『仁明の御時(810年~850年頃)の盲目の道心者(仏に帰依した物:仏・法・僧のどれかは不明)』とあります。

(平家物語)では、醍醐天皇の第四皇子としています。

能(世阿弥作)の演目『蝉丸』でも、醍醐天皇の第四皇子とされていて、醍醐天皇は家臣に『出家させよ』と命じ、蝉丸本人も受け入れ髪をおろしていますので、坊主なのでしょうか(あくまで能の中では)。

逢坂の関(京都と滋賀の境にあった関所)の近くに住んでいた、世捨て人だったとも言われています。

逢坂の関跡の周辺に、蝉丸を奉った神社が三つも残っているのは、恐らく蝉丸がこのあたりに住んだとされていたり、百人一首の和歌に逢坂の関の事が詠まれたり、能の『蝉丸』の中で関連する描写がある事が影響していたからかもしれませんね。

 

 

2年前に書いた、「百人一首の『坊主めくり』って、何?って話」

というブログ記事にも、蝉丸の事に触れていまして、『蝉丸が坊主か坊主じゃないか』 『蝉丸の正体は!?』という事に、今でも議論の的のようです。

※京都新聞さんは、きっと2年前の筆者のブログ記事を読み、興味が湧き、問い合わせてきて、取材しに来られたのではないでしょうか。いや、そうに違いない!!

※いやいや、そうあって欲しい!!!!

 

但し、【蝉丸は僧であった】という歴史的資料が無い為、坊主か坊主でないかハッキリせず、分からないなら坊主とは言い切れないという事で、大石天狗堂では『坊主めくり』に含まないというルールを明示しています。

 

皆様の地元では、蝉丸さんをどうしてはりますか?

 

【シリーズ過去掲載ページ】

大石さんに聞いてみよし!『坊主めくりに蝉丸は含みますのん?』(2018年2月19日)

大石さんに聞いてみよし!『CD収録和歌は、何首?』(2018年2月17日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の遊び方は、他にもあるの?』(2018年2月14日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の鬼の図柄は何?』(2018年2月6日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首部の作り方』(2018年1月25日)

大石さんに聞いてみよし!『昔のかるたは 番号がバラバラ!』(2018年1月11日)

大石さんに聞いてみよし!『大きな将棋の駒の置物って何?』(2017年5月27日)

大石さんに聞いてみよし!『碁石の取り扱いと管理法!』(2017年5月2日)

大石さんに聞いてみよし!『最初に詠まれる空札 序歌!』(2017年4月21日)

大石さんに聞いてみよし!『百一人一首の和歌 序歌ってスゲー!』(2017年4月4日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首の札の裏の紅葉の由来!』(2017年2月15日)

大石さんに聞いてみよし!『まちいづるかな と まちいでつるかな』(2017年2月8日)

大石さんに聞いてみよし!『和歌が元の和歌と違うのは何故!』(2016年7月11日)

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石さんに聞いてみよし!『CD収録和歌は、何首?』

カテゴリ: かるた,全般 2018.02.17 6:06 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

ここ最近、このシリーズのアップが多い。

 

というか、他のシリーズのネタ切れ?

 

そ、そんなことないですよ…。

失礼な‼

 

写真を撮りに行く暇が無かったり、色々と調べてからとかしてるからだもん!

ネタ切れじゃないやい‼

 

気を取り直して、今回のご質問にお答えしていきましょう~(無理やり)

 

『大石天狗堂の百人一首朗詠CDには、序歌は収録されていますか?』

『百人一首のCDなのに、序歌が収録されていないのは、何故ですか?』

『朗詠CDを再生したら、№100の和歌だけが入っていないようなんですけど?』

『シャッフル再生、ランダム再生すると、№100だけ入れ替わらず、そのまま続けて詠まれるのですが?』

 

上記の質問にまとめてお答え致します。

 

大石天狗堂製のCDは、【百人一首朗詠CD吉川:1,620円】です。

【CD付百人一首舞楽(ぶがく):3,240円】に同封しているCDも同一です。

 

このCDに序歌は収録されておりません。

 

理由は、CDの構造上 作成出来るトラック数が、99個まで(2桁まで)しか作ることが出来ません。

したがって100首すべてを収録したくても出来ない。

その為、泣く々々序歌の札を省き、№99と№100の和歌は、同じトラックに収録しているのです。

※通常の音楽CD(アーティストのアルバム等)は、多くても15~20曲くらいしかない為、99個のトラック数でも事足りるという事です。

 

また、上記の理由から、ランダム再生(シャッフル再生)しても、№99と№100の和歌だけは、続けて詠みあげられてしまうとういう事なのです。

※他社の朗詠CDの場合、序歌を1番目のトラックに、№98、99、100の三首を同じ99番目のトラックに収録して対応しているようです。

 

しかしCDからパソコンやスマホに取り込み、聞いているという方も最近は多いかと思います。

 

その場合、序歌をトラック1に入れてしまうと、天智天皇はトラック2、持統天皇はトラック3にあてがわれてしまい、パソコンなどで編集しないと紛らわしい事になってしまいます。

 

詳しい編集の仕方などは、人によって環境や設備が違う為割愛します。

 

また、当店にご質問など ありましたらお知らせ下さい。

 

よろしくお願い致します。

公式問合せフォーム

百人一首朗詠CD吉川:1,620円

 

【シリーズ過去掲載ページ】

大石さんに聞いてみよし!『坊主めくりに蝉丸は含みますのん?』(2018年2月19日)

大石さんに聞いてみよし!『CD収録和歌は、何首?』(2018年2月17日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の遊び方は、他にもあるの?』(2018年2月14日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の鬼の図柄は何?』(2018年2月6日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首部の作り方』(2018年1月25日)

大石さんに聞いてみよし!『昔のかるたは 番号がバラバラ!』(2018年1月11日)

大石さんに聞いてみよし!『大きな将棋の駒の置物って何?』(2017年5月27日)

大石さんに聞いてみよし!『碁石の取り扱いと管理法!』(2017年5月2日)

大石さんに聞いてみよし!『最初に詠まれる空札 序歌!』(2017年4月21日)

大石さんに聞いてみよし!『百一人一首の和歌 序歌ってスゲー!』(2017年4月4日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首の札の裏の紅葉の由来!』(2017年2月15日)

大石さんに聞いてみよし!『まちいづるかな と まちいでつるかな』(2017年2月8日)

大石さんに聞いてみよし!『和歌が元の和歌と違うのは何故!』(2016年7月11日)

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石さんに聞いてみよし『花札の遊び方は、他にもあるの?』

カテゴリ: 全般,花札 2018.02.14 6:02 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

大石に問い合わせされる方の中には、花札の遊び方の質問もあります。

 

花札の遊び方は、ほとんどの方が、オーソドックスなルール(八八花)の遊び方しかご存じないと思います。

しかし、現在でも一部の愛好家の方や、郷土に古くから伝わるローカルルールで遊ぶ方など、八八花以外のルールで楽しまれている人々が居ます。

 

例えば、

越後花(えちごばな)

越後花

 

 

 

越後小花(えちごこばな)

越後小花

 

 

 

 

金時花(きんときばな、阿波花ともいう)

金時花

具体的な内容は、また違う機会にしますが、上記の花札は、ルールだけでなく、札も絵柄が少し違います。

 

ただ、八八花と同じ札で、遊び方だけ違うローカルルール(そこのエリアではスタンダードなのでしょう)が存在します。

 

有名なところでは、

〇こいこい(映画サマーウォーズでご存じな方もいるかも)

〇ムシ(虫花とも、但し八八花から6月札4枚と、7月札4枚を抜いた残りで遊ぶ)

などです。

 

他にもありますので、興味のある方は調べてみて下さいね。

 

【シリーズ過去掲載ページ】

大石さんに聞いてみよし!『坊主めくりに蝉丸は含みますのん?』(2018年2月19日)

大石さんに聞いてみよし!『CD収録和歌は、何首?』(2018年2月17日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の遊び方は、他にもあるの?』(2018年2月14日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の鬼の図柄は何?』(2018年2月6日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首部の作り方』(2018年1月25日)

大石さんに聞いてみよし!『昔のかるたは 番号がバラバラ!』(2018年1月11日)

大石さんに聞いてみよし!『大きな将棋の駒の置物って何?』(2017年5月27日)

大石さんに聞いてみよし!『碁石の取り扱いと管理法!』(2017年5月2日)

大石さんに聞いてみよし!『最初に詠まれる空札 序歌!』(2017年4月21日)

大石さんに聞いてみよし!『百一人一首の和歌 序歌ってスゲー!』(2017年4月4日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首の札の裏の紅葉の由来!』(2017年2月15日)

大石さんに聞いてみよし!『まちいづるかな と まちいでつるかな』(2017年2月8日)

大石さんに聞いてみよし!『和歌が元の和歌と違うのは何故!』(2016年7月11日)

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石さんに聞いてみよし!『花札の鬼の図柄は何?』

カテゴリ: 全般,花札 2018.02.06 5:55 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

もうすぐ始まる『京都マラソン2018』

皆さんも走ってみたいですよね。

 

でも、毎日ジョギングに汗流している方でも、フルマラソンだと尻ごみされるかもしれません。

【マラソン】【競技】【タイム】等、フルマラソンへの不安やプレッシャーは、未体験の方なら誰もが持たれるのではないでしょうか。

当然、レースですから自分の限界にチャレンジする事は素晴らしいです。

 

しかし、例えばこんな考え方だと、違った京都マラソンの楽しみ方が、出来るのではないでしょうか。

『普段、車が走っている道路を、自分のペースで走りながら風景を楽しむ』

『周りを走る、今日初めて会ったランナーと数時間の共有体験が出来る』

 

マラソンを人生に例える人もいますが、この『むりせず自分のペースで』 『仲間と共有する喜び』という事も、長い人生では、掛け替えのない財産となることでしょう。

走る喜びは人それぞれ。それも人生と一緒ですね。

 

さらに、東日本大震災や熊本の被災地への復興支援に力を入れている京都マラソン。

今年も、義援金の寄付を募っておられます。

熱い思いが被災地にも届くよう、皆様よろしくお願い致します。

 

 

さてさて、表題にもあります『花札の鬼の図柄は何』という案件です。

まず、花札に鬼の札なんてありました?と思う方もいるかもしれません。

 

(11月札)のカス札の一枚で、他三枚は柳の図柄に傘を差す着物姿の人の絵などですが、一枚だけ赤と黒の雰囲気の違う札があります。

これは、【鬼札(おにふだ)】と言い、『柳に雷』『化札(ばけふだ)』とも言います。

 

トランプのジョーカーのような役割で、『雨』以外のどの札にも、合わせる(喰う)ことの出来る万能札です。

 

tabako.toranpu2

 

この【鬼札】

『何故、他の雨の札と一枚だけ絵柄が違うの?』

『(雷)や(かぶり傘)の絵柄は、どんな意味?』

という疑問がわきます。

 

これには、花札の歴史が関係してきます。

 

[仮説①] 江戸時代~明治までの花札の雨のカス札は、【鬼札】は含まず、【雨の降る柳の絵】と【雨の降る柳と短冊の絵】の二枚でした。

しかし、花札の違う遊び方に、(ムシ)等の鬼札を特別に使用するする遊び方があり、おそらく他のルールでも使えるようにと、絵柄が変った(ミックスした)のではないでしょうか。

実際、小野道風も明治以降の絵柄で、それより前は斧定九郎でした。

(絵柄が変った理由は、また違いますけどね)

 

[説②] 江戸時代、花札は御禁制の品でした。

人の多い江戸の町や、京都・大阪など幕府の目が多い賭場では、取締りが厳しく、地方の賭場に出向き荒稼ぎするプロ博徒が居た事でしょう。

しかし、その地方の賭場にも(しきたり・ルール)があり、それを無視してトラブルに発展する事も容易に想像が付きます。

なのでトラブルが起きないよう、その賭場独特のローカルルールで勝負し、よそ者を排除していた可能性もあります。

その為、地域ごとに絵柄や遊び方に違いがあり、その一つが【鬼札を使用した遊び】になったのかもしれませんね。

 

[説③] 飛躍した発想ですが、元々花札のルーツはポルトガルからやって来た、カードゲーム(南蛮かるた)です。

当然持って来たのはポルトガル人の宣教師や商人や船乗り。

南蛮商人や船乗り達は、母国から持ち込んだ【カードゲーム(南蛮かるた)】を、航海中だけではなく日本に上陸した後も、夜な夜な手慰みに遊んでいたのかもしれません。

※南蛮かるたの他にも、様々な南蛮文化が流入しました。てんぷらや、金平糖、カステラ等の【食文化】、外科手術などの【南蛮医学】、遠く航海をして教えを広めていた【キリスト教】。(もしかすると宣教師達も、夜な夜な?)

ポルトガル人からカードゲームを教わった日本人がどっぷりはまり、広く普及して行きましたが、その後のキリシタン禁止令により、この南蛮かるたで遊んでいる事自体、南蛮人との関係を疑われ、キリシタンと同一視され弾圧されたのかもしれません。

その取締りの目を盗む為に絵柄を変えたのが、現在の花札の絵柄に繋がっていったのかもしれません。

 

[説④] 花札の絵柄に江戸時代に中国からもたらされた(南宋画)の影響を受け、多く用いられていますが、雨にしだれる柳(静)と雷(動)の対比の構図があったのかもしれません。(私は知りませんので、お詳しい方ご教授下さい)

 

[説⑤] 花札のルールで【表菅原(おもて)】【裏菅原(うらす)】と言う役があります。

これは、人形浄瑠璃や歌舞伎の演目として有名な『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』というお芝居から発案されています。

このお芝居は、菅原道真をモデルにした創作ですが、江戸時代の人気演目で、悲劇の偉人・菅原道真をしのぶ人が多かったので出来たのでしょう。

『鬼札』の図案を、この菅原伝授手習鑑つながりで、『雷』=『菅原道真』=『鬼』と推測する方もおられます。

 

[説⑥] かるたのルーツの一つに【道才かるた】と言う物があります。

このカルタは、読み札62枚と絵札62枚(内、道才番号8と、20を抜くそうですが、意味が解からず)が一対になっていて、ひとつのことわざを上の句、下の句に分け、上の句を読み札に、下の句を絵札にしてあります。

読み手は、上の句だけの読札で下の句もよまなければならいという、百人一首のような遊びです。

この道才かるたには、(道才番号:30、33、54、61=四化け札)(道才番号:30、33、46、50、54、61=六化け札)という特別な力がある(喰い札)と言います。

さらに、ことわざの中に、(道才番号30:も十八)と(道才番号:50幽霊の浜風)という札があり、これも特殊な力のある札です。

この道才かるたの(化け札)(鬼)(幽霊)の特殊ルールが、花札の鬼札を使ったローカルルール(喰い)によく似ているらしく、なんらかの影響(なごり)があったのかもしれません。

 

上記の説のどれが正しいのか、すべて正解なのか、真実は分りませんが、色々と歴史のある物を研究する事は、ワクワクするものですね。

宜しければ、参考にしてみて下さい。

 

【シリーズ過去掲載ページ】

大石さんに聞いてみよし!『坊主めくりに蝉丸は含みますのん?』(2018年2月19日)

大石さんに聞いてみよし!『CD収録和歌は、何首?』(2018年2月17日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の遊び方は、他にもあるの?』(2018年2月14日)

大石さんに聞いてみよし!『花札の鬼の図柄は何?』(2018年2月6日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首部の作り方』(2018年1月25日)

大石さんに聞いてみよし!『昔のかるたは 番号がバラバラ!』(2018年1月11日)

大石さんに聞いてみよし!『大きな将棋の駒の置物って何?』(2017年5月27日)

大石さんに聞いてみよし!『碁石の取り扱いと管理法!』(2017年5月2日)

大石さんに聞いてみよし!『最初に詠まれる空札 序歌!』(2017年4月21日)

大石さんに聞いてみよし!『百一人一首の和歌 序歌ってスゲー!』(2017年4月4日)

大石さんに聞いてみよし!『百人一首の札の裏の紅葉の由来!』(2017年2月15日)

大石さんに聞いてみよし!『まちいづるかな と まちいでつるかな』(2017年2月8日)

大石さんに聞いてみよし!『和歌が元の和歌と違うのは何故!』(2016年7月11日)

#京都マラソン

#花札の鬼札

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2018 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.