おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

花札の謎シリーズ『11月札と12月札は別格!?』

カテゴリ: 花札 2017.11.18 5:23 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

かなり寒くなって来ました。

特に朝夕は、冬の装いでも十分でしょう。

 

(もうすぐ一年が終わるんだなぁ)と実感致します。

 

さて、久々の花札の謎シリーズですが、今回は、11月と12月をまとめて行きます。

 

皆さんは、なぜ花が咲かないのに11月や12月も花札があるのか疑問に思いませんか?

 

元々花札のルーツは、信長の時代に渡来したポルトガル人の持ち込んだタロットに似たカード(ポルトガルの竜)=(ドラゴンカードとも、日本では天正かるた)という説があり、このカルタを日本風にアレンジしたのが(うんすんかるた)です。

そしてそれが各地に散らばり、独自の進化を遂げた物の一つが今の八八花札です。

 

〇ポルトガルの竜(ドラゴンカード、日本では天正かるた) :枚数48枚

【4スーツ(紋標)×12枚】(札サイズ34㎜×63㎜)

 

〇うんすんかるた                 :枚数48枚(当初)⇒75枚

【5スーツ×13枚】(大石天狗堂製も75枚)(札サイズ45㎜×69㎜ 現在大石製)

 

〇花札                     :枚数48枚

【4スーツ(同花種)×12枚(月)】(地方札の中には48より多い物も)(札サイズ33.5㎜×54㎜ 現在大石製)

 

つまり、元になったかるたが48枚だったから歴史の経緯で、アレンジする時も同じ48枚になったようです。

『丁度、一年が12カ月だから12枚を月ごとにしよっか‼』 『日本で人気の絵画や人形浄瑠璃や歌舞伎から名場面を拝借しちゃおうぜ‼』 『日本の名画、歌舞伎の名場面って、花が多くね?』 『じゃぁ、季節(各月ごと)を花で分けちゃわない?』

こんな感じで花札の48枚を、12カ月の花に分けたと筆者は思います。

 

 

 

ただし花札の場合、花といっても生物学上の種子植物の生殖器官ではなく、自然の総合的な美しさとしての華やかさの花と解釈できるのではないでしょうか。

例えば、華道の花材も切花の生け方だけでなく、枝ぶりや、付着した苔、葉の佇まいなども美とする流派もあるようです。

さらには、ジブリ映画の中で緑生い茂る山村に、小さなトラックに荷物を積み、引っ越して来るシーンなんかも自然の総合的美と言えますよね。

男鹿監督すばらしいです‼

 

なので『1月の松』も『10月の紅葉』も、花札では【はな】となる訳です。

 

そういう考えが基本であれば、『11月の柳』『12月の桐』も、花の部分が主ではなく、(48枚に数を合わせる)や(総合的な画題の美)がメインという訳です。

 

さらに、本来11月札である『柳に小野道風(蛙)』『柳に燕』である、【柳】【カエル】【燕】も、5月札の素材としての方がふさわしいのですが、すでに『杜若に八ッ橋』を採用している為、使えません。

 

だけど、5月の情緒あふれる【梅雨(つゆ)・五月雨(さみだれ)】の風景を使わないのは、日本人として忍びないと、ついに花の季節とは関係なく、番外に11月札として雨季の景色を使わせたのではないでしょうか。

 

同じく、12月札である『桐に鳳凰』も、古来日本人が持つ、桐紋・菊紋を尊ぶ気持ちの現れに感じます。

お正月のおめでたい物づくめの『松に鶴』の対称に、尊い物づくめの『桐に鳳凰』で締めくくったのは、『日本の素晴らしさ』に対する、人々の愛が集約されている気がします。

世界のニュースで、日本の素晴らしさと言えば、絶景や世界遺産、日本文化などももちろんですが、人柄も良く話題に上りますよね。

余談ですが、

天皇陛下のエピソードに、被災地に慰問される際などは、設置された基地のカレーを、召し上がるそうです。

理由は、カレーなら食材が手に入りやすく沢山作り置き出来る為、ご自身のスケジュールに合わせて、被災地に負担を掛けない配慮だそうです。

天皇陛下ですよ!!

なんてもったいないお心遣い‼!!

あ、ああ、ありがどぅごだいまずぅぅぅぅぅおううおうおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!

ぞれでば、まだじがい…(グズッ)(´;ω;`)/・・・・

 

シリーズ一覧

花札の謎シリーズ 5月札!!『杜若に八つ橋』(2013.7.2)

花札の謎シリーズ 7月札『萩に猪』(2013.7.12)

花札の謎シリーズ 赤短『あかよろし?』(2013.8.13)

花札の謎シリーズ 9月札『菊に盃』(2013.9.6)

花札の謎シリーズ 10月札『鹿に紅葉』(2013.10.13)

花札の謎シリーズ 11月札『柳に小野道風』(2013.10.26)

花札の謎シリーズ 『表菅原』(2013.11.20)

花札の謎シリーズ 12月札!!『桐に鳳凰』(2013.11.25)

花札の謎シリーズ 1月札!!『松に鶴』(2014.8.12)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇(2014.8.19)

花札の謎シリーズ 2月札!!『梅に鶯』(2014.8.29)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』後篇(2014.12.11)

花札の謎シリーズ 『こいこい』って意外とあれなのね(2015.8.28)

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)(2016.3.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』前篇(2016.5.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』後篇(2016.6.3)

花札の謎シリーズ8月札『芒に月(山に月)』(2016.9.13)

花札の謎シリーズ 『映画サマーウォーズ』に出て来る花札!!(2017.8.18)

花札の謎シリーズ 『11月札と12月札は別格!?』(2017.11.18)

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

草場 純さんの新発見!!江戸時代のバックギャモン【盤双六】

カテゴリ: かるた,全般 2017.11.15 11:05 am

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

年末・年始が近づき、かるたの季節が近づいて来ました。

かるた絡みのイベントも増えてきましたね。

 

以前に大石天狗堂とコラボしたオリジナル花札【なかよし村八八花札】の草場純さんにより、江戸時代のバックギャモン【盤双六】について発表会が開催されます。

日時:2017年11月25日13時半より

場所:高田馬場 東京富士大学 (東京都新宿区高田馬場3-8-1)本館141教室

資料代:¥500(遊戯史学会員は無料)

テーマ:「雙六手引抄による江戸時代前半までの盤双六のルールについて」

新発見資料を元に、江戸時代のバックギャモンである盤双六について発表があります。

ボードゲームやカードゲームのスペシャリスト 草場純さんが『画期的な発表』とおっしゃるほどの期待大な発表です。

ボードゲームの壮大な謎が、今明かされる!!

《あなたは歴史の目・撃・者になる!!!!》

是非ご参加ください。(。◕ˇдˇ​◕。)/

 

『で、広報Fさんは、何をお手伝いしているんですか?』

『いっさい、参加しておりません!!!!』(アンジャッシュ渡部風に)

 

 

【なかよし村八八花札】販売ページURL

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大石天狗堂×オリジナルかるた『猫諺いろは歌留多』お知らせ!

カテゴリ: かるた 2017.11.14 5:58 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

秋も深まり、寒い日が多くなってきました。

皆様、体調管理にお気を付け下さいませ。

 

京都は、山がだんだん色づき、鮮やかな錦の衣をまとい始めました。

町中は、ハロウィーン色からクリスマス色に替わり、ワクワクした雰囲気で一杯ですが、

観光地は、紅葉を楽しんだり、京都ならではの秋の味覚を楽しんだりと、京都ならではの落ち着いた風情です。

 

余談ですが、大石天狗堂の駐車場に時おりやって来る野良猫達も、寒さ除けなのか、社用車の下でジッとしている姿が『寒そうやなぁ…』と思わずにはおれません。

 

さてさて、大石天狗堂では、オリジナルのかるた製作も請け負っておりまして、以前にコラボしたカルタの中に『猫諺いろは歌留多』という素晴らしいカルタがあります。

 

名前の通り、可愛くて愛らしい猫の絵を使ったかるたです。

石塚智之さんの描く猫が、また味があり、猫の猫らしさと人間らしい部分の表現が最高に良い!!!!

 

詳しくは、下記をご覧ください。

アトリエ・Kinami HP URL

 

 

HPより①

手描きの猫諺カルタを印刷にした遊べるカルタです。
猫と七福神で構成されています。
アトリエ・Kinamiでは石塚智之の原画による手描きのカード類の企画をいくつか作品としてご覧いただいておりました。
この度、猫の諺いろはかるたを印刷で製作することとなり、できれば定期的に様々な遊べるカードをご覧いただきたいと思っております。

製作は京都の大石天狗堂さんです。裏張りもきれいに仕上げてくださいました。桐箱は中の仕切りを持ち上げるとカルタも一緒に上がる仕組みです。
カルタの解説の小冊子も付属いたします。

こちらはかるたと紙箱のご紹介です。
オプションでご希望に合わせて桐箱に手描きでお好みの絵を描かせていただきます。(HP抜粋)

ちらし

こちらのカルタを東京・日本橋三越にて、お手に取ってご覧いただける機会がまいりました。

開催11月15日(水)~11月28日(火)

日本橋三越本店本館5階 ギャラリーライフマイニング

是非お越し下さい。

猫ことわざかるた

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

花札のイメージ やっぱり悪いですか?

カテゴリ: 花札 2017.11.09 6:02 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

当店が西暦1800年創業の花札のお店という事は、以前にもお話しましたね。

創業当時は、江戸時代。

非常に花札に対するお役人の目が厳しかった時代です。

 

当時、庶民の娯楽の一つとして【花札】は人気がありましたが、取締りが厳しく自由には遊べませんでした。

理由は『賭け事などに使われることがしばしばあり、風紀を乱す遊興道具だから』です。

 

では、現在はどうでしょうか?

 

花札遊び自体は自由に遊べますし、ネットやおもちゃ屋さんにも売っています。

 

しかし、ご年配方や、花札を遊んだことのない方が抱く花札のイメージは

『ヤクザの遊戯』

『バクチの道具』

と思っていると思います。

 

理由はいくつかあります。

①江戸時代 花札が賭け事の道具として大流行(賭場で使われていたのは別の札【手本引き(ハリ札・クリ札)】ですが、花札も賭博場の控室で暇つぶしに賭け事に使う人や、庶民の方はむしろ普通の花札でやっていたのでしょう)

②家庭で家族や友人と遊ぶ際、少額のお金をかけて遊ぶ人が多かった(その方が盛り上がる為)

③上記説明①と②でもあるように、大人は高額、子供でもこずかい程度の少額のお金を賭けて遊ぶ人が居て、ゲームが盛り上がる事から、伝染性、依存性が高かった。熱中のあまり、気が付けばお年玉が無くなっていたなんて事に。

④お正月、家族で花札を楽しむ際、子供だけ入れて貰えなくて(お金を掛けていた為か、大人が本気を出せないくて面白くなくてなのか、両方の理由か)なんだか(怪しげな遊び)(悪い事をしているのではという、分からないからこそのミステリアス感‥等)何んだか大人の秘密的な部分に、嫉妬や嫌悪感などがあったのが大人になり、増幅されたのかもしれませんね。

⑤昔の映画や時代劇で花札のシーンは、決まって賭博場でした。

営業部所では『ニギリ』という個人同志の成績を競う時の少額の掛けから、お菓子や缶ジュースなど何かを取り合う掛けなど、賭け事に対するイメージは、やはりあまりよ良くないです。

良くないですが、勝負事に何かを掛けるのは往々にしてあります。

 

つまり【お金を掛ける】こと⇒目的と、【花札で勝敗を決める】こと⇒手段が、非常に簡単に出来る遊興が花札なのでしょう。

 

トランプやオセロ、またパソコンや携帯・スマートフォンの中での花札ゲームで勝負しても、そこまで悪いイメージが無いですよね。

リアルマネーを掛けて遊ぶケースが少ないからではないでしょうか。

 

競馬・競輪・競艇・パチンコは、お金を掛けて増やす事が目的で、結果次第では使ったお金がなくなったりします。

しかし、その場所に行ってじゃないと出来ないので、子供がおこずかいを貯めて、行っても出来ないです。

 

花札は、楽しむ時にこの、『お金を掛けて増やす事が目的で、結果次第では使ったお金がなくなったりする』という状況が、悪いイメージの根本にあり、なおかつ、家庭で子供でも出来ると無放置状態の危険性が悪いという事が、悪いイメージの人の反対する理由じゃないかと筆者は思いました。

 

なんだか、書いていて自分でも、メチャメチャ極悪な品に思えてきました。

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.