おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part3

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.28 11:53 am

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

前回までのお話で、確定した仕様や進捗をご依頼者様に伝え、本印刷や箱制作に取掛かる前の試作品を見てもらいました。

イメージ画像①

 

 

上記は、大石天狗堂の既存のかるたに、試しに作成した絵札・字札のデザインサンプルをカラーコピーして貼り付けたものです。

 

紙の厚みや箱に入れた雰囲気を見るには最適で、ご依頼者様に大変喜んで頂きました。

 

そして、ここまでの確定事項である【数量】【札サイズ】【紙の厚み】【印刷の仕様】【箱の仕様】【同梱物(解説書等を同封するか)】を再度確認、ご依頼者様もオールOKだったので、製造費を請求しました。

 

その後、入金が確認され、本作業開始しました。

 

 

 

 

 

そして完成!!

バババーン!!!!

 

IMG_2542

 

 

同じ京都市内ということもあり、ご依頼者様の所へ出来上がったかるたを配達。

 

それはそれは気に入って頂き、何度も『ありがとう!ありがとう!』と言って頂きました。

こちらの方こそ、原画からかるたになるまでの新たな可能性を学べて、ありがとうございました。

 

それまでの製作工程の事が走馬灯のように蘇り、私もウルウル、ご依頼者様もウルウルしていました。

 

 

きっと、北白川エリアで話題沸騰する事、間違いなしです。

このかるたが末永く北白川で遊ばれ、今の子供達が大きくなり

『子供の時に北白川のかるたで遊んだ事あるけど、めっちゃ面白かったで~!』

とか

『普通に気にせんと遊んだけど、めっちゃ貴重なかるたやったんやなア!』

とか

そんな声が聴けると嬉しいですね。

 

今回は、イラストや印刷などあまり詳しくないという方からのご依頼でしたが、かるたを作ってみたいという方は、他にも沢山おられると思います。

 

是非とも、結果に関係なくお問い合わせ下さい。

 

心よりお待ちしております。

 

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.27 4:39 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

桜も散り、陽射しが強い初夏が近づいている感じがする京都。

雨が降る日もあれば、曇りなのに蒸し暑かったり、えッ!!夏?っていう暑い日もあったり。

 

でも、良い季節です。

 

 

さて、前回に引き続き、京都北白川在住のご依頼者が地元の郷土について、もっと多くの人に知って貰う為に作った『北白川郷土史かるた』。

 

その製作過程のお話です。

 

いつもお世話になっている印刷会社に、ご依頼者様から頂いた絵札の原画(A4サイズのオフセット印刷)と、字札の入ったワードファイルを見てもらい打ち合わせ。

 

言い忘れていましたが、ご依頼者様は、パソコンをオフラインで使用されていましたので、『メールでワードファイルを送る』とか、『こちらから見積書をPDFにしてメールに添付して送る』とかが出来ず、USBに入れて先方のパソコンに移してから見て頂くというやり取りでした。

 

 

印刷(印刷会社の担当)『この札の絵を、すべて同じ大きさにトリミング(絵をカットする事)すると、どうしても消えてしまう部分が出てしまいますけど宜しいですか?』

印刷『右上の〇の一文字が、大きかったり小さかったり、色々ですけど、これはどうすれば…?』

印刷『文字のフォントは、指定はありませんか?』

印刷『字札の漢字にルビを入れてはどうか。小学生さんとかが遊ぶ際読めない地名もあるのでは…?』

印刷『ルビが合ってるかの確認をしてもらわないといけませんね。一度こちらでルビを振ったものを作成するので、その後チェックして貰えますか。』

 

などなど、印刷会社の担当の方が気づいた事などを提案して頂きながら、ご依頼者様の意に沿うよう、打ち合わせが行われました。

北白川郷土史かるた 文言ルビ校正

当然、筆者の一存で決められない重要な事項も出てきて、何度もご依頼者様に電話して確認しました。

 

『どうしてもここはこうして欲しい』という、こだわりの部分はおっしゃられましたが、概、『あ、そうやね。よう言うてくれはりました。その通りやわ。 宜しゅう頼んます!』

 

非常に、気さくで懐の大きいご依頼者様でした。

 

 

そんなこんなで、やっと一回目の見積もりが完成し、印刷会社が作成したサンプル画像も出来たので、プリントアウトして再度北白川のご依頼者様の所へ。

 

絵札テスト

字札テスト

元々の原画は、水彩画から取ったらしく、それをカラーコピーして使用した為、かなりの薄味な色合いだった。

しかし、色々とお任せ頂いた事もあり、元の絵からコントラストを強くしたり等の調整を、自由にさせて頂いたので、当初想像していたよりスムーズに作業が進みました。

 

これがイラストレーターさんや、企画会社さんのご依頼だと、印刷やデザインのプロだけに100分の一微妙な調整に心血を注がれているので、こうはいきません。

イラ(イラストレーターさん)『もう少し明るく』『もう少し色身を赤っぽく』など、イラストレーターさんの感覚から発生するアバウト指示があるんです。

筆者『どの位明るくでしょうか?』

イラ『もう少しかな。微妙やけどね。』

筆者(う~ん…)

 

その点、今回のクライアントは、ほとんど我々にお任せで、テンポよく進みました。

 

これは、任される側の体質にもよりますが、ご依頼者様の意に沿う形で小マメに商談を重ね、それを印刷会社に無理な納期・無理な要望にならないよう配慮しつつも出来るだけ低コストで実現し結果を出す。

 

我々大石天狗堂が!

非常に高度な営業スキルを発揮した話に見せかけつつ!!

ただの筆者の自己アピールでした!!!

つづく

 

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.26 6:16 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

本日、納品したオリジナルかるた『北白川郷土史かるた』

これは、北白川在住の方からのご依頼で製造した、オリジナルかるたです。

 

今回、(今までかるたの印刷やかるた製作などした事のない、でもかるたを作りたい。)

そんな方々の為に、かるた作りの工程を、ご依頼者の了承の元、振り返ってみることにしました。

 

本件のご依頼者は、パソコンなどは日常で使用されていますが、フォトショップやイラストレーターなど、イラスト加工などに不可欠な画像編集ソフトは勿論、ペイントなども使わずのご依頼でした。

北白川郷土かるた-2

まず最初に、A4サイズの家庭用印刷機でプリントアウトされた原稿用紙を出され。

依頼者『これが原稿。これからかるたを作って欲しい』。

 

筆者『原稿の元になるデータが欲しいのですが』

依頼者『この原稿しかないので、これをスキャンして原稿にしてくれればいいよ』

筆者『…』

このような感じで、スタートしました。

 

絵札になる一枚一枚は、縦横のサイズも違えば、枠の太さや右上の〇に一文字の部分もそれぞれ大きさが違う。

なかには、枠よりはみ出た〇も…。

 

筆者(これは大変だぞ…)

これが最初の正直な感想でした。

 

 

筆者『文字札の原稿は?』

依頼者『それはワードデータがあるよ』

筆者((ワードデータ (@目□目@;) !?))

 

恐る恐る拝見すると…

 

い 石工の名人 田中宇兵衛 良質の花崗岩を産出し、石切り場と村が近いので多くの名人、上手が生まれた。京都市内の石屋の七割が白川村出身者と伝える。かるたは泉涌寺月輪陵の菊花手水鉢(名人、田中宇兵衛の傑作)

ろ ろうそく灯す 愛宕講 北白川天神宮前の灯篭に、下池田町東部(旧宮本町)の人たちによって、火袋に今も火が灯される。昔は上町・宮本・中町・薬師町・分木町・下町ごとに灯篭に灯されていて、毎月六町の代表二名が愛宕神社にお参りしていたと伝える。

は 春はひねもす 情延山 一乗寺芸大の裏山・東山を情延山。江戸時代に茶屋四郎次郎が徳川家康から譲り受けた後、茶山と呼ぶ。旧主、信長、森蘭丸、豊臣秀吉、徳川氏、茶屋氏、杉本氏、山岡氏、川西氏。『北白川こども風土紀』

 

こ、これは…。

 

依頼者『この太字のところを字札にして…それから…』

筆者『…』

依頼者『…』

筆者『りょ、了解しました。お、お任せ下さい。』

 

こうして、『北白川郷土史かるた』の製造が始まりました。

 

つづく。

 

シリーズ

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part1

原画から製造!オリジナルかるたの出来るまで Part2

原画から製造!オリジナルかるたが出来るまで Part3

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

名探偵コナンの百人一首! 大石天狗堂製造ッス!!!!

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.25 11:55 am

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

2017年4月15日上映の大作 劇場版21作品目『名探偵コナン から紅の恋歌』が公開されました。

もちろん皆さん、もうご覧になられましたよね?

え!?

まだ見に行ってない!!?

 

マジッ!!

なんてこったい!!

 

今すぐ劇場にダッシュしなされ!!!

 

コナン君といえば、高校生探偵の主人公・工藤新一が、謎の犯罪組織の事件に巻き込まれ、開発中の毒薬で殺されそうに。

しかし、奇跡的に命は助かり(開発中の為、副作用のみが発症し、高校生の身体から小学生にまで若返った)、自分の身体を元に戻すべく犯罪組織を追い続ける推理漫画。

幼馴染みで恋人の女子高生:毛利蘭と近くに居ながらも、本当の本当の姿をあらわす事が出来ない恋愛ストーリーも作品の魅力。

自分が死んでいなかった事が悪の組織にバレると自分ばかりか周りの人にまで危険という事で、正体を言えず不自由な小学生の身体のまま暮らす事に。

殺人事件を名推理で解明しながらも、子供の立場では警察などの大人達は相手にしてくれない。

そこで子供の江戸川コナン(工藤新一)の正体を知る科学者:阿笠博士の開発する秘密道具を駆使して、事件の核心に迫る推理探偵漫画の名作です。

 

筆者個人的には、キャラクターそれぞれの名前に注目しています。

江戸川コナン(江戸川乱歩&コナン・ドイル)や、阿笠博士(アガサ・クリスティ)、毛利蘭(モーリス・ルブラン)など、推理小説や推理映画好きの原作者がひねり出したキャラクター名が毎回面白く、特に秀逸なのが安室透です。

なぜ秀逸なのかは、声優好きなら皆さんお判りですよね♡

その内、シャーロック・ホームズ(英国グラナダTV版はNHKでよく再放送してる)や杉下右京(テレ朝)、古畑任三郎(フジテレビ)も出て来るのだろうか。

他局なので無いかな。

でも出てたら凄いよね。

家達茶六(やだち・さろく)⇒(ホウムズ・シャロック)⇒(シャーロック・ホームズ)というヘビースモーカーのバイオリニストや、今泉雅彦というドジでハゲの刑事のおっさんとか、猫神清介という首から下が白の全身タイツの変態とか…。

黒太マイ(くろふとまい)⇒(マイクロフト)と言う記憶力抜群の外交官とかね。

もし上記のキャラ設定が面白かったら青山先生、どうぞご採用下さいませませ。

 

 

今回の映画では、どのような名推理&ラブコメディ&アクションが観る事が出来るのか。

劇場でご確認下さい。

 

 

ところで、この映画公開に合わせ、色々なイベントやグッズの販売も行われています。

 

特に注目は、今回のテーマ『百人一首』にちなみ、【名探偵コナン百人一首】が発売されます。

この百人一首の製造を手掛けたのが、大石天狗堂だったのです。

バババーン!!!

 

マジスゲー!!

名探偵コナンですよ?

凄くないですか!!

 

このままの調子で行くと、ハリウッド映画『HYAKUNIN-ISSHU~an anthology of 100 poems by 100 different poets~』が封切になったり、

劇団四季の最新作『セオハヤ・ミーア(マンマ・ミーア風)』や『シラツ(キャッツ風)』が上演されたりするかもね。

さらには、来年2018年の大河ドラマ『西郷どん』が急遽変更、代わって『永世名人 直樹!!』(同じ西郷つながり)に変更になるとかね。

さらにさらには、KRT48(全員A級選手)というアイドルグループが誕生したり。

 

とにかく、今非常に百人一首、特に競技かるたが熱い!!!

 

映画『ちはやふる』を見ても分かるように、室内競技で正座状態からのアクションにも関わらず、非常に優雅でカッコいい!

 

是非、コナン版競技かるたのステキシーンと共に、コナン百人一首もお買い上げ下さい。

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

競技かるたの最初に詠まれる空札 序歌(ジョカ)!

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.21 5:13 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

京都の桜もすっかり花が散り、新緑の季節が近づいているような、暖かい日と少しまだ肌寒い日の、行ったり来たりが続く季節です。

京都のお料理の秘訣は、【淡味】【旬味】【隠味】の三つです。

しかし、お料理だけでなく、京都にはこの三つに裏打ちされた歴史が多いですよね。

微妙で繊細で何とも言えない淡さ。

季節ごとの旬を大切にしたおもてなし。

隠しているがそこにあるという妙技。

 

百人一首などの和歌も一緒で、淡さ、旬、隠の技法が盛り込まれています。

これは、和歌を詠んだ人たちが、京都に暮らしたり、京都の文化に触れたりして、淡、旬、隠に多く触れ、心を寄せて生まれたからなのかもしれませんね。

 

それでは、前回に引き続き【序歌(じょか)】の話です。

『難波津に 咲くや木の花 冬隠り 今は春べと 咲くや木の花』

(なにわづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな)

筆者訳 『難波津(固有名詞)に、梅or桜の花が咲きました。 冬の間はジッと待っていたけども、今はもう春になったからって花が咲きましたよ』

 

前回、この和歌の概念的な話をしました。

私は専門家ではありませんので、あくまで主観ですが、この和歌の中の『咲くや木の花』って響きというか、語呂というのか、ステキだと思いません?

このサクヤコノハナって響き、なんか聞き覚えあるなァと思ったら、こんな名前の神様がいましたね。

 

古事記にも登場する古代神に【コノハナノサクヤヒメ(ビメ)】という美しい神様がおられました。

この一柱は、富士山岳信仰の総本山【浅間神社】の主祭神と同一神かは不明ですが、同性同名です。

 

この神様に今の時代にも関係する神話がありました。

 

コノハナサクヤビメには、イワナガヒメというお姉さんの神がおりました。

二人(二柱)のお父さんのオオヤマツミは、アマテラスオオミカミの孫のニニギノミコトに娘たちを嫁がせることにしました。

しかし、ニニギ様は、『コノハナちゃんは綺麗なので結婚するが、イワナガちゃんは醜いので結構です』とあまりに失礼な差別発言をしたそうです。

これに怒ったオオヤマパパは、『イワナガを嫁にすれば、岩のような永遠の命が手に入り、コノハナと結婚すれば、樹や花のように子孫は繁栄するだろうと思い二人を嫁がせることにしたのに、貴様の命は、花のようにはかなくなるからなァ!!覚えとけー!!!!』と大激怒。

これ以降、天皇の子孫は神のように長命では、なくなったという事です。

 

ニニギさ~ん…、なにすんのよ~。

 

オオヤマツミ様が、大山倍達のように三角跳びして、義理の息子ニニギをボコボコにしてケリをつけていれば、良かったのにね。

序歌とは関係ない話で終わりました。

チャン チャン。

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

百人一首 101枚目の和歌 序歌ってスゲー!

カテゴリ: かるた,全般 2017.04.04 4:51 pm

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

百人一首の大会で、必ず最初に詠まれる和歌をご存知ですか?

【序歌(じょか)】

難波津に 咲くや木の花 冬隠り 今は春べと 咲くや木の花

(なにわづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな)

筆者訳『難波津(固有名詞)に、梅or桜の花が咲きました。 冬の間はジッと待っていたけども、今はもう春になったからって、花が咲きましたよ』

 

この和歌は、仁徳天皇即位の祝いとして、渡来人・王仁(わに・和邇吉師)が送った賛歌と伝えられ、歌道の世界では【幽玄】の要素を含む非常に基本的和歌として教えるそうです。

 

そもそも、【幽玄】とは何ぞや?

幽玄とは、百人一首を選定した歌道・藤原定家の父・俊成が提唱し、その他の分野にも一般論化した概念です。

そして日本文化の代表である、俳句 茶 華 書 画 能 歌 文など、あらゆる分野に共通する概念の一つになりました。

この幽玄以外にも、一分野から一般化した理念・概念はあります。

『あはれ』 (折りに触れ、目に見、耳に聞くものごとに触発されて生ずる、しみじみとした情趣や哀愁。日常からかけ離れた物事に出会った時に生ずる、心の底から「ああ(=あはれ)」と思う何とも言いがたい感情)

『わび』 (いとうべき心身の状態を表すことばで、おちぶれた生活など、不足の美を表現する美意識)

『ほそみ』 (作者の心が対象にかすかに深く入り込んでとらえる美、およびそれが繊細微妙に表現される句境)

『しをり』 (趣向,題材が哀憐であるのをいうのでなく,哀憐の情をもって人間なり自然なりを眺める心から流露するもので、いわば愛)

『さび』 (閑寂ななかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさを言う)

など、人間の心の根底にから、表面に現れる感情や状態の美を総称し、茶道のお道具だけでなく、所作やもてなし方にいたる全てが『茶道』というのとおなじかと思います。

これは、日本人らしい概念で、例えば武道でも、強さだけの格闘技でなく、精神修養も含むところが上記の文化と共通するかと思います。

 

少し長くなましたので、この辺で終わります。

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.