おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

京都パワースポットと百人一首(北野天満宮)パート4

カテゴリ: かるた,全般 2016.11.29 11:58 am

北野C

皆さんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

これまで長々と書いてきましたが、百人一首にちなむ話が一切出てきていないのが、あきれるばかりです。

『百人一首情報』より、『パワースポット』情報に特化してきた気がするかもしれませんが、そこは大人の事情や、百人一首というテーマの難しさかとお察し下さい。

 

さてさて、今回の歌人さん:菅原道真公は、百人一首の中で書かれている名前は、菅家(かんけ)。

詠まれている和歌は、二十四番『このたびは 幣(ぬさ)もとりあへず手向山(たむけやま) 紅葉(もみじ)の錦(にしき) 神のまにまに』

今回の旅は突然の事で、お供えの幣も持ち合わせておりません。とりあえずは、この手向山の錦織の様に見事な紅葉を幣として、神の御心のままにお受取り下さい。

*手向山…山の紅葉を神へ手向けますという意味。固有名詞ではない。

この和歌は、菅原道真が宇陀院の奈良県宮滝行幸の際、詠まれたものです。

 

そもそも、菅原道真が、何故『学問の神様』と言われるようになったのか。

漢詩に精通し、和歌を5歳で詠んだとされる天才少年道真君。

18歳で文章生になり、23歳の頃には文章得業生を経て、26歳の若さで方略式に合格するという快挙。

33歳式部少輔&文章博士、学者として最高の栄達に至りました。

 

ところが順調に出世街道まっしぐらだった道真さんが43歳の時 【阿衡事件】が起きました。

 

宇陀天皇が、藤原基経を関白に任ずるにあたり、詔勅を出したのですが、文章博士である藤原佐世が『「阿衡は位貴くも、職掌なし(あなたは、地位は高いが職務を持たない 、実際 権限の無い形ばかりの官位を天皇に賜ったんですか(笑)』っと告げたから基経激怒!

ホント、いらんことを~。

 

政務を放棄しボイコットし始めたので、国政が渋滞する事態に。

宇陀天皇も困り果て、機嫌を直すよう、とりなしたりしたのですが、基経の怒りは治まらない。

(しかし、時の天皇がとりなしてもへそを曲げて折れないって、どんだけ藤原氏増長してんねんって話です。

それだけ、藤原氏の権力が大きかったって事ですね。)

そこに我らが菅原道真様 登場!

『これ以上の紛争は、藤原氏の為にならないですよ! ハイ終了~!!!』 と仲裁し見事治めたそうな。

 

そんな見事な手腕もあり、55歳で右大臣の位、そして宿敵:左大臣・藤原時平と並び従二位に登りつめます。

しかぁ~し、面白くないのが藤原時平をはじめとする藤原氏。

 

学者の世界で幅を利かせていただけなら大目にも見れたでしょうが、天皇の信任篤いのをいいことに中流貴族にはあり得ない高位の従二位に叙せらせ、藤原氏との軋轢が激化するようになりました。

 

『中流貴族ふぜいが大貴族である藤原氏を差し置いて、出世するなどけしからん!!!』と、卑劣な姦計で道真を陥れました。

 

現実の社会でもそうですが、競争相手に勝つ為に、己が努力で正々堂々と勝負する人もいれば、陰で相手の悪評を流したり、相手が失敗するように姑息な手段を用いる根性の捻じ曲がったクズは、いるもんですね。

だいたいにおいてそういった輩は、誰にも判らないようコソコソと奸智を巡らす一方で、目上の権力者には媚びへつらい、いい子ぶるもんですが【天知る地知る】で、いつかは天罰が下るもんです。

誰も見ていなくても、【自分】という目が一番身近でみていますから、自分を正当化するために『息を吐くように、嘘をつくようになる』

 

 

結果、藤原時平をはじめ、道真を陥れた人々が、死後怨霊と化した道真によって、ことごとく不幸な目にあったそうです。

 

ちょっと長くなってしまいましたので、今日はこの辺で。

 

シリーズ過去ブログ

京都パワースポットと百人一首【北野天満宮編】(パート4)

京都パワースポットと百人一首【北野天満宮編】(パート3)

京都パワースポットと百人一首【北野天満宮編】(パート1)

京都パワースポットと百人一首【北野天満宮編】(パート2)

京都パワースポットと百人一首(貴船神社編)パート1

京都パワースポットと百人一首(貴船神社編)パート2

京都パワースポットと百人一首(貴船神社編)パート3

京都パワースポットと百人一首(白峯神社編)

京都パワースポットと百人一首(上賀茂神社編)

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

大河ドラマ『真田丸』に、なにやら気になるカルタが?

カテゴリ: かるた,全般,花札 2016.11.22 11:05 am

みなさんこんにちは。

広報Fです。

よろしくお願い致します。

 

京都の秋と言えば『紅葉』ですよね。

寒い季節にポカポカした服装で、おいしい物を食べ歩いたり、綺麗な風景を写真に納めながら散策したりと、楽しい季節になりました。

当店がある京都伏見は、みんさんもご存じの通り、酒蔵メーカーが多く立ち並び、さまざまな日本酒を製造しています。

観光がてら、日本酒で舌鼓なんかも風情がありますよね。

京都伏見の清酒~伏見酒造組合URl

 

また、紅葉見ながら川遊び。

十石船・三十石船に乗り、川面から見上げるのも風流ですよ。

但し、年内は11月30日までですので、お気を付け下さい。

京都伏見観光連携協議会-十石船・三十石船のご案内URL

 

さてさて、本ブログのタイトルにも書いた『大河ドラマ【真田丸】に、なにやら気になるカルタが?』ですが、本編も大阪の陣が始まり、佳境に差掛ってきました。

そんな大阪城内では、相変わらず『大阪重役組』 VS 『駆けつけた浪人組』の駆け引きが繰り返されています。

浪人達の勝手を許さず、裏切りに用心しながらも、自分達の為に戦わせようとする重役組の面々。中には、敵方である徳川に内通する者も…。

それに対し、自分達の捲土重来、保身、武士の美学を追い求める浪人組。

そんなまとまらない集団を、才知や人望で働きかけ、強大な敵『徳川家康』に勝つ為の策を練る真田左衛門之丞幸村。

さすがは戦国武将人気ランキングなどをすれば、必ず1~3番目に入るカリスマ武将!!!

 

その幸村(本名:信繁。ドラマ作中に合わせ幸村と表記) と、御上様(おかみさま)(別称:御袋様、御台様ともいう。 淀殿・淀君は史実では、この時期使われた記録が無いそうです)が、出城【真田丸】の築城許可を巡り対談するシーンがありました。

御上様こと淀が手元で遊ぶなにやら古く珍しい絵柄のカルタ。

このかるたの正体は、信長の時代(16世紀)ポルトガルから日本に伝わったドラゴンカードが、九州三池(現・福岡県大牟田市)で複製され大阪にまで広まった【天正かるた】です。

絵柄は、トランプ(どこぞの大統領ではありません)のようですが、枚数や遊び方も全然違います。

 

この天正かるたから更に日本独自に改良されたのが、現在当店で販売する『うんすんかるた』です。

うんすん

 

 

ドラマの本筋に直接関係の無い小道具かもしれませんが、時代を表す希少な映像ですよね。

是非とも、大河ドラマ真田丸で、毎週のように登場しないもんかなァ。

NHK様

よろしくお願い致します。

うんすんかるた 販売ページURL

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

八雲絢子の美麗な百人一首『八雲』プロジェクト 進行中!!

カテゴリ: かるた,全般 2016.11.14 9:51 am

みなさんこんにちは。

広報のFです。

よろしくお願い致します。

 

現在、クラウドファンディング(レディゴー)で進行中のオリジナルかるたのお話です。

 

7739938b77fbe476e0b6f1891a18ec3799c111ac

 

鮮やかでいて、淡い色彩のイラストレーター八雲絢子さんの絵を使った百人一首『八雲(やぐも)』

この百人一首は、歌人の絵だけでなく、文言が難しくなじめないお子様に優しい工夫・覚えやすいアイデアが盛り込まれています。

 

八雲さんがこの百人一首の作品作りに取り組んだ際の想いがこちらです。

content_8610ef703dcdfb4ac65a49c31c8ef367645eccaf

 

 

本文の中で八雲さん自身が思われた事

『百人一首で楽しく遊ぶ友達の輪に入りたくて、歌人の札をひたすら読んだ』

とあります。

 

 

和歌の意味が実感出来ず、文字を追い続ける作業は、苦行だったでしょう。

 

本来、雅で優雅な宮中の歌会が、現代『畳の上の格闘技』と言われるほど、激しい室内競技になりました。

 

でも、原点は勉強でも、ましてや苦行でもなく、楽しく遊ぶいにしえの【遊び】

 

そんな百人一首の楽しさを伝えるのに最適な、オリジナル商品です。

 

詳しく知りたい方は、どうぞ下記URLからチェックしてみて下さい。

 

高級仕様のオリジナル百人一首制作!あなただけの一首を添えて-READYFOR

 

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.