おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

大石天狗堂が、京都かんばんねっとにて表彰されちゃいました!

カテゴリ: 全般 2014.03.26 7:10 pm

皆さんこんにちは。広報のFです。

 

先日、当店の看板が、『京都かんばんねっと』にて【優秀賞】を頂きました。

kanban

『京都かんばんねっと』とは、京都市内の景観を50年さき、100年さきも残そうという

こころみで、『京都市 都市計画局 屋外広告物適正化推進室』の推進事業です。

自然景観・街並景観及び建築物と調和した屋外広告物などを設置している

事業所を表彰されているようです。

 

筆者は、正直知りませんでした。

 

当店の様な一つの看板の表彰だけでなく、新京極商店街や、

木屋町界隈など街並みのような広い範囲の表彰や、八坂神社前のローソンやマクドナルド、

ユニクロ、セブンイレブンなど、様々な全国チェーン店が表彰されているようです。

 

京都の町を京都らしくする為に、様々な事業所さんが工夫されていたんですね。

 

 

 

(以下、京都かんばんねっとより)

 

京都市では「歴史都市・京都」の美しい景観を守り育て、50年後、100年後の未来に

引き継いでいくために、建物の高さや外観、眺望や町並み、屋外広告物の規制等を

全面的に見直した「新景観政策」を平成19年9月から実施しています。
景観形成に重要な役割を果たしている屋外広告物についても、京都の町並みに

調和する屋外広告物となるよう、条例で地域の特性に応じた

「面積」「色彩」「高さ」等全国でも例を見ないきめ細やかな基準を設けており、

市内で屋外広告物を表示するには、これらの基準に適合したうえで、

京都市長の許可を受けていただく必要があります。
京都市内の事業所は様々な創意工夫を重ね、京都の町並みと調和しつつ、

思わずお店に入りたくなる魅力的な屋外広告物を表示されています。

 

 

 

確かに、京都に住んでいる筆者などは、普段見慣れていて気にも留めていなかったですが、

京都らしい看板が多いですよね。

 

煌びやかなネオンサインや目を引く蛍光カラーの看板は京都の町にそぐわないですもんね。

 

 

ところで大石天狗堂の看板は、社名の通り天狗の顔がポイントですが、

なぜ『天狗』が付くのか、みなさんご存知でしょうか。

 

元々、大石天狗堂は花札を作るお店でした。

しかし創業当、時花札はご禁制の品。

売ったり、買ったりはご法度だった為、表向きは米問屋として商売をして、

裏で花札を作っていました。

 

そして、花札を買いに来た客が、『これあるかい?』と鼻を指差して店の者に聞きます。

 

勿論、(花)と(鼻)をかけ、こっそり(花札を売って欲しい)と言っているのです。

 

そこで店の者が、『はいはい、お待ちやす』と奥から花札を持って来るというシステムでした。

 

映画のワンシーンのような怪しいやりとりですが、この【鼻を指さす】行為が、

花札屋の独特の暗号となり鼻が誇張されて天狗が花札屋の看板になりました。

 

これは、当店に限らず京都の花札を主に製造するお店では、

屋号に『天狗屋○○』『○○天狗店』と天狗の付くお店が多かったようです。

和菓子の『伊勢屋』『鶴屋』、酒屋の『三河屋』、

ラーメンや中華店の『○○軒』と同じようなものですね。

 

ちなみに、天狗が付くお店がすべて花札屋だったわけではなく、

花札屋で屋号に天狗を使うお店が多かったという事です。

任天堂さんや、田村将軍堂さんは、天狗が付きませんよね。

 

当店の天狗の看板を見て『おっ、天狗の看板 花札屋やなァ ここ』と

言う方がおられたら、その方は通ですよね。

 

 

とにかく当店としましても、京都の町の『京都らしさ』に貢献する事が出来て

大変光栄に思います。

京都かんばんねっとをご覧になって、当店の天狗の看板がお気に召しましたら、

是非投票ボタンをポチッと押して頂くとうれしいです。

 

よろしくお願い致します。

『京都かんばんねっと』のホームページはこちら

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

なら記紀・万葉プロジェクト『古事記かるた』発売開始!

カテゴリ: かるた 2014.03.18 9:35 am

皆さんこんにちは、広報のFです。

 

この度、新しいかるたを作りました。

その名も『古事記かるた』です。

kojiki-karuta

神話の世界や天皇家の始祖にまつわるお話をまとめた日本最古の書物にして、

和製ファンタスティック・ノンフィクショ・テラー(本当に?)『古事記』

 

あまりに有名、でもよく知らない。

そんな古事記をわかりやすく楽しみながら覚えようという事で出来たのがこのかるたです。

 

もともと2012年から2020年までの間行われる奈良県のビックイベント『記紀・万葉プロジェクト』

その一環として奈良県より委託されましたオリジナルかるた作りで出来上がったのがこの商品です。

 

企画・編集に携わったのは、【奈良県地域振興部観光局

ならの魅力創造課記紀万葉プロジェクト推進係】です。一気に言えば、

最後まで息が続かなさそうな長い名前の奈良県庁内の古事記推進チームです。

(もちろん、その他にも色々されています)

ならの魅力創造課のホームページはこちら

 

そして監修を引き受けて下さったのは、高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸先生。

高岡市万葉歴史館ホームページはこちら

古事記だけでなく万葉集や日本書紀など、文学界では著名な方にご依頼しました。

 

またその坂本先生とも親交の深い、踏歌舎の倉橋みどり氏に文言の編集をお願いしました。

踏歌舎ホームページはこちら

古事記という大変長いお話を、短くかるたに収まる五・七調に編集していただき、

複雑で耳慣れない古文を楽しいかるた語に変換して頂きました。

同じく踏歌舎の石井直子氏には文言の編集だけでなく印刷時の

コンピューター処理などもご協力頂きました。

 

そして、この古事記かるたの魅力の一つ、かわいらしくも優雅で、

それでいて史実に基づくイラストに仕上げて頂いたのは、

奈良まちでショップ経営もされている創作集団【フルコト】の上村恭子氏。

フルコトのホームページはこちら

実は、古事記かるたの製作を依頼してから知ったのですが、同じく奈良県の作られた古事記の冊子【なら記紀・万葉名所図会-古事記こども編-】のイラストも携わっておられました。

 

そしてかるた製造は…

かるたを作り続けて幾星霜。

京都に燦然と輝く、名店中の名店!

伏見にこの店ありと言われ、ツアー客もあとを絶たない(すみません嘘です)

大石天狗堂!!!!!!!!!

 

さらに、かるたの文言協力は、奈良県国語教育研究会の先生方。

奈良県国語教育研究会のホームページはこちら

 

また当店のインターネット上ですべての処理をお願いし、

奈良県のサーバーに専用ページをアップするのもお願いしましたネットスペシャリスト。

ホームページの事ならレボネット株式会社 坂井和広氏

レボネットのホームページはこちら

 

他にも個人の方々を明示していけば、このブログページが、

映画のスタッフロールになるくらいいっぱいになります。(いや、それは言い過ぎでした)

 

とにかくもう沢山の人が携わり、力を合わせ出来上がった商品です。

 

絵も文言もお客様から頂いてから、その後の工程を引き受けて作る

オリジナルかるたはこれまでも作って来ました。

元々ある文言【例えば、犬も歩けば棒にあたる】にイラストだけ

新しくして作ったかるたみたいのは、今までも製造してきました。

 

しかし、今回の様にまずスタッフから選抜し、何回も打ち合わせを重ね、

遊び方、文章、絵やパッケージに至るまで、本当に一から作りあげていったかるたは初めてです。

 

特に気を付けないといけないのが、固有名詞などの特定の読み方に対しての間違いや、

ルビの振り間違い。

そして、購入対象(遊んで頂く対象)が子供という事で、適切な言葉使い。

死を連想する言葉や、暴力的な言葉は別の言葉に置き換え、

しかし古事記本来の意味に違いが出ないよう心がけました。

 

また、かるたの枚数に限度がある為、すべてのエピソードを使う事ができず、

絞りに絞り厳選された札になっています。

 

フルコトの上村さんの柔らかくほのぼのした、しかし筆を使った力強い絵によって、

古事記の堅苦しく殺伐としたシーンは、楽しくコミカルな雰囲気になり、

小さなお子様も愛用してくれると思います。

 

さらに秀逸なのが、かるた札の裏の絵を使い、パズル遊びも出来、

古事記が遠い神代の神話だけでなく、現代の日本の元になった話と実感できると思います。

古事記のエピソードがあった場所の日本地図のイラストを裏面に描き、

札を並べていくと日本が完成するというこだわりようです。

 

私も正直あまり知らなかった古事記の、不思議でかっこよくて、悲しいお話が、

このかるたに凝縮されています。

 

古事記の上つ巻・中つ巻・下つ巻すべてを読み解くのは大変ですが、

このかるたで遊んで頂くとすんなり理解できる事と思います。

 

是非、奈良県が誇る日本の神話・伝説の集大成『古事記』と、かるた作りの名店 大石天狗堂が作りあげた渾身の逸品【古事記かるた】で是非お楽しみ下さい。

古事記かるたの専用ページはこちら

kojiki2 kojiki1

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

碁盤寸法

カテゴリ: 囲碁・将棋 2014.03.14 5:56 pm

囲碁将棋担当広報です

 

今回は碁盤の寸法について

 

現在は碁盤の厚みは6寸盤が一般的です 又この厚みが一番の売れ筋商品です

又盤面の寸法は縦1尺5寸 横1尺4寸とされています。

 

江戸時代 徳川幕府碁所では 盤の厚みは4寸8分 盤面の寸法 縦1尺4寸8分

横1尺3寸8分とされています

お気付でしょうか 寸の最後が何れも8になっています

これは 縁起を担いで末広がりの8 江戸8百8橋 旗本8万期にちなんでこの数字でおさめたと言われています。

ちなみこの寸法は現在では 新榧 桂材の碁盤の寸法です

ちなみに 将棋盤寸法も 縦 1尺1寸8分 横 1尺8分 厚み3寸8分とされています。

 

現在本榧は 何寸何分又は 何センチ厚 と正確に採寸し表示しますが 本榧以外の材

新榧 桂 新桂 ヒバなどは 一般的には 5寸7分あれば 6寸盤 又は60号と表記されています

これは乾燥中の材の厚みが6寸であり 盤に仕上る段解での3分落ちを 含めるからです。

ちなみに 折盤も同様です。

 

碁盤はなぜ 長方形か

碁盤の升目の寸法は 22×24mmです 碁石は綺麗な丸型で長方形や楕円形ではないのに

この升目 盤の寸が 斜め上から盤面を見る人間には 正方形に視覚的に見えるからです。

 

以上碁盤雑学でした。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

真剣師

カテゴリ: 囲碁・将棋 2014.03.07 10:49 am

囲碁 将棋 麻雀これらを 賭け事として生計を立てている者のことを

真剣師と呼ばれています

イカサマもつき物で 石や駒の隠し持ち 積み込みなどもある

いわゆる 真剣であった由縁です

 

プロ雀士の荒正義 雀聖の異名を持つ小説家 阿佐田哲也は

ともに若かりしとき 真剣士 裏プロとして活躍しています。

囲碁も古くから賭け碁が行われていて

江戸時代の賭け碁士  「阿波の米蔵」こと四宮米蔵は

享保 文政期に 三千両を稼いだといわれています。

大正にはプロ棋士として3段まで行った大阪の堀田忠弘は後に真剣士となり

プロ棋士をたびたび破る活躍をし       「鬼」と呼ばれていました。

 

将棋の真剣士は別名「くすぶり」と呼ばれています。他の競技の真剣と同じく

旦那衆をスポンサーパトロン とし彼らの資金でかけ将棋真剣をしたり

遊戯の稽古代で生計を立てていました。

江戸時代には存在していたと言われています。明治以降も多数の真剣士が現れ

プロ棋士も打つ負かす力のある真剣士も存在していたといわれています。

真剣士 花村源司は 5段でのプロ入りが認められ

後9段にまでなっています、他に 太田学 小池重明 加賀敬冶

平畑善介など早々たる真剣士が現れます、やがて賭け将棋が禁止され

昭和50年代には真剣士はいなくなったと言われています。

 

最後の真剣士太田学

晩年を大阪で過ごし 大阪で亡くなった太田学を取り上げます

横須賀生まれ 鳥取の倉吉育ち 父親は地元の名士 終戦後郷里に帰り

30歳過ぎから将棋を始めたと言われる 超遅咲きです、

修行の末 アマチュア将棋名人戦 鳥取県代表に、。

後 真剣士として全国を旅します、

NHK朝ドラ       「ふたりっ子」の銀じいこと 佐伯銀蔵はこの太田学がモデルです。

最後の真剣士と呼ばれた 大田学 真剣士の廃業を決意その

区切り記念として 第1回朝日アマ名人戦(1977年)に 出場 63歳で優勝を飾ります、

その後は 通天閣近くの将棋道場で 師範として そのレッスン料で生計を立てます

生活ぶりは 通天閣近くの 旅館の3畳一間の和室暮らしでした。

2007年2月21日92歳で 大阪市にて大腸がんにて死去。

 

真剣とは どんなかけ将棋を

 

太田学 昭和30年代 12層の真剣を挑戦されます

12層とは 一局 一万円の賭け金

平手勝負 大田が勝つと大田は一万円、

相手が勝つと相手に12万円が入ると言う ハンディ戦

この勝負を13局行う勝負 かなり強い相手であったが 大田は全勝します。

大田曰く勝つには勝ったが 2層が精一杯の相手 運が良かったと言わしめた 真剣。

この様な 非常に厳しい世界の勝負が 真剣と言わしめる 賭け将棋の世界です。

以上真剣士についてでした。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.