おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

京都駅で京都の老舗の歴史発見!

カテゴリ: かるた,全般 2013.06.07 9:37 am

こんにちは、大石天狗堂の広報Fです。

 

6月に入り曇り日や、晴れても少し蒸し暑い日が増えてきました。

皆様も熱中症にはお気を付け下さい。

 

さて、この6月7日(金)~9日(日)の3日間、京都駅にて

「公益社団法人京都府物産協会創立50周年」を記念し、当協会の歴史や、

これからの新しい感性等を凝縮した、大人も子供も楽しめるイベントを開催致します。

 

当店も、今までほとんど門外に出なかった、昔の花札製造風景の写真や、

昔の社屋の写真を展示します。

 

また、現在当店でも製造していない花札の表紙(オモテガミ/絵柄の印刷済された紙)など、

普段は公開していない物ですので、当店の社員すら見たことのない物ばかりです。

 

そんなお宝が、この三日間だけ特別に一般公開されます。

 

当店以外にも、京都物産協会加盟の老舗さんも色々な一品を展示します。

 

詳しくは、こちら→http://www.kyoto-norenkai.org/50th/

 

 

京都を支え続けている伝統を是非ご覧下さい。

bussann50 1 bussann50 5

 

bussann50 4 bussann50 MAP 6

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門

イボから生まれたイボタロウ!!

カテゴリ: 囲碁・将棋 2013.06.07 9:24 am

みなさんこんにちは。大石天狗堂の広報Fです。

 

今日は、久しぶりに囲碁将棋関係の内容です。

 

碁石のお手入れをする時に『イボタロウ』を使うという方、いらっしゃいますよね?

 

イボタロウってなに?昔話のタイトル??

 

なんて思う方、多いと思います。

 

正式には、『水蝋蝋』と書いてイボタロウと呼びます。

 

水蝋の木(イボタノキ)に付くイボタ蛾の幼虫(オスのみ)の出す白い分泌物を、

イボタ蝋と呼び、加熱して溶かした後、再び冷水で冷やし固め粉末状にしたものが

市販されています。

 

革製品や家具などの艶出し効果があり、ろうそくの原材料や、

止血剤としても使われています。

 

使用方法としては、粉末状のイボタ蝋を碁石に付着させ、まんべんなく塗布したら、

乾いた布でふき取る。これだけです。

 

もっとも簡単なのは、袋に碁石とイボタ蝋を入れて揉み、出してから

一粒ずつふき取るのが簡単です。

 

この時、碁石同志がお互い触れ合う為、欠けないようにやさしく揉む事が重要です。

 

この様にして大事に碁石をメンテナンスしている人は、おのずと棋力も上がるのではないでしょうか。

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.