おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇

カテゴリ: 花札 2014.08.19 5:06 pm

みなさんこんにちは、広報のFです。

 

花札の謎シリーズも、早くも11回目となりました。

細かな部分の(おかしな所)は、大目に見ていただいて、早速始めましょう!!!

 

 

今回は、『桜に幕』

言わずとしれた、3月札です。

 

この幕、桜の絵と対で描かれる定番中の定番。

 

花札以外にも、ありそうな構図ですよね。

sakuranimakuのコピー

 

実は、明治時代までの3月札の【桜に幕】の絵は、縦縞でした。

その後、横縞になったようです。

 

明治時代、初代総理大臣伊藤博文公が、花札の禁止令廃止を決めたので、花札を製造するお店が急速に増えました。

 

その時、花札のお店として名を馳せていた当店に『花札を作りなさい』(と言ったかはわかりませんが)依頼されました。

 

その時の花札の復刻版が『総理大臣の花かるた』です。

 

そして、沢山の花札の注文に対応する為に、花札づくりに欠かせない版木を簡素化しました。

 

そもそも版木とは、(1色=版木1枚)という版画のルール上、色数が多く細かな絵柄ほど版木の枚数も多くなり、仕上がりの正確さや美しさなど職人の技術を要しました。

 

少しでもズレたら商品としてアウトですからね!

 

それまでの花札の絵柄は多くの色を押し重ね、複雑で美しい色を表現していたようです。

また、右側だけ色がしっかり付着し、左側は薄いとダメですよね。

筆者もハンコなどを押す際、押してみたら偏った付着の仕方に慌てる事があります。

 

熟練の職人が色を付けるとムラのない、何枚刷っても同じ仕上がりになるといいます。

その難しい部分を、簡素化(版木の枚数減)した事で、熟練の職人でなくても多くの表紙(おもてがみ 印刷済の紙)を短時間で量産できるようになりました。

 

花札が普及する大きな要因になったわけですね。

 

 

 

 

筆者が色々と調べましたが、中国から渡来した図案や不老長寿を願ったありがたい図案が『桜に幕』の絵柄の元になったという説は、見受けられませんでした。

 

さらによく調べましたら、明治時代前の【桜に幕】には、幕の縦縞の中に文様が…。

 

菊花紋や菱紋など、まるで有職文様(ゆうそくもんよう:平安時代から続く位の高い文様で、宮中の衣装や輿などに使われている)が描かれているように見えました。

 

そして気になるのが、幕の右端に【二匹の細長い虫が縦に並んでいる絵柄】があった事です。

 

『な、何、これ?』

 

 

武田家のムカデ陣立ようでもあるが、あれはもっとクネクネとした図案でしたし、でも頭の先に触覚らしきものがあるのは、やはり虫系のようでもあり…。

 

『わかりません!』

 

御存じの方がいらっしゃれば御教授下さい。

何も出ませんけど。

 

 

 

ただ、この3月の【桜に幕】、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)の松、梅、桜から取った説も存在しますし、明治時代以前の幕に有職文様(らしきもの)が描かれていた事で、考案した人の、この絵柄に対するイメージが『高貴』『風雅』『気品』などの位の高い人々の宴などをイメージしていたのではないかと推察します。

 

しかし換骨奪胎(かんこつだったい:他人の作品や着想をアレンジし新しい物を生み出すこと)の得意な日本人が、元々何かの構図をアレンジした可能性は捨てきれません。

 

この『桜に幕』、凄く謎の多い絵柄です。

次回に続きます。

 

 

 

販売ページ 花札『総理大臣の花かるた』はこちら

 

販売ページ 花札『金天狗』はこちら

 

販売ページ 花札『銀天狗』はこちら

 

販売ページ 花札『リンカーン』はこちら

 

 

 

シリーズ一覧

 

花札の謎シリーズ 5月札!!『杜若に八つ橋』(2013.7.2)

 

花札の謎シリーズ 7月札『萩に猪』(2013.7.12)

 

花札の謎シリーズ 赤短『あかよろし?』(2013.8.13)

 

花札の謎シリーズ 9月札『菊に盃』(2013.9.6)

 

花札の謎シリーズ 10月札『鹿に紅葉』(2013.10.13)

 

花札の謎シリーズ 11月札『柳に小野道風』(2013.10.26)

 

花札の謎シリーズ 『表菅原』(2013.11.20)

 

花札の謎シリーズ 12月札!!『桐に鳳凰』(2013.11.25)

 

花札の謎シリーズ 1月札!!『松に鶴』(2014.8.12)

 

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇(2014.8.19)

 

花札の謎シリーズ 2月札!!『梅に鶯』(2014.8.29)

 

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』後篇(2014.12.11)

 

花札の謎シリーズ 『こいこい』って意外とあれなのね(2015.8.28)

 

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)(2016.3.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』前篇(2016.5.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』後篇(2016.6.3)

 

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.