おかげさまで創業200年:かるた・百人一首・ゲーム類・製造・卸・販売

京都大石天狗堂 ニュースブログ

花札の謎シリーズ 2月札『梅に鶯』

カテゴリ: かるた,全般,花札 2014.08.29 6:07 pm

皆さんこんにちは、広報のFです。

 

花札の謎シリーズ2月の高得点札『梅に鶯』について始めていきます。

 

前回の『松に鶴』を読んで頂くとご理解いただけると思いますが、中国からの文化(絵画や陶芸など)が日本に流入し、それを日本人が色々な創意を加え、日本独自の文化にしていった歴史があったのは述べました。

 

なんせ、日本より早くから文化が栄え、日本の法律や装束、建築技術や治水技術も中国の影響を受けて発達してきたのですから、芸術も然りですよね。

 

そんな『中国文化が日本に流入説』から考えていくと、花札の謎も少しは見えてくる気がします。

 

本題の2月札『梅に鶯』も、よく日本では、『鶯ではなくメジロだった説』が言われます。

 

(鶯)=ホーホケキョと鳴き、色は茶色、蛙や虫を食べる。あまり開けた場所に姿を見せず、雑木林などから泣き声だけが聞こえる。

 

(メジロ)=チーチーと鳴き、色は緑色、スズメより小さく、虫も食べるが、梅などの花の蜜を吸う。

枝先にあらわれ、鶯と同じ時期や場所で求愛行動や繁殖行動を行う習性がある。

 

「どう考えても、花札の【梅に鶯】は、メジロでしょう!」

 

と誰しも思いますよね。

 

一般的な日本人の常識だけで考えるとそうです。

いやいや、本当にそうだったかもしれません。

 

しかし、中国では『鶯』と書くとウグイス科の鳥の総称で、黄色い『鶯』別名コウライウグイス(黄鸝、黄鳥ともいう)という種類の鶯もいたそうです。

 

そのコウライウグイスのオスの羽根は黄色、メスは緑がかった黄色だそうです。

 

つまり中国では、梅の樹に羽根は緑がかった緑がかった黄色の(コウライウグイス)がやって来て、綺麗な声で鳴き、春を告げていたのです。

 

まさに、花札のあの絵柄と同じ風景だ!

 

必ずしも、これが真実と言う分けではなく、可能性のはなしです。

 

中国の文化を取り入れて、独自の文化にして来た日本の歴史や、古くから中国には梅の樹と対になるテーマに『梅に鶯』という鉄板画題があり、日本人絵師も模倣していた可能性は大いにあります。

 

日本で常識とされていても、世界からみると実は違う事実もあり、世界中のウグイスが、必ずホーホケキョと鳴くとは限らないし、ウグイスの羽根の色も一つじゃないという事です。

umeniuguisu

 

ただあくまでも筆者の主観ですが、小春日和に梅の樹に小鳥が止まっている風景は、それが【中国の鶯】にしろ、【メジロ】にしろ、【日本の鶯】にしろ、清々しい気持ちにさせてくれる風景ですよね。

 

そしてどこからともなく『ホーホケキョ』と鳴き声が聞こえる様子は、なかなか気持ちが良いし、きっと冬の寒さが残る二月に、少しでも春の訪れを感じさせてくれる光景は、見る人をうれしい気持ちにしてくれた事でしょう。

 

それが茶色い小鳥だったとしても、眩しい春の日差しに目がくらみ、鮮やかな羽根の色に見えたのかもしれませんよ。

 

うわ~、恥ずかしいコメント~。

 

 

販売ページ 花札『総理大臣の花かるた』はこちら

販売ページ 花札『金天狗』はこちら

販売ページ 花札『銀天狗』はこちら

販売ページ 花札『リンカーン』はこちら

 

シリーズ一覧

花札の謎シリーズ 5月札!!『杜若に八つ橋』(2013.7.2)

花札の謎シリーズ 7月札『萩に猪』(2013.7.12)

花札の謎シリーズ 赤短『あかよろし?』(2013.8.13)

花札の謎シリーズ 9月札『菊に盃』(2013.9.6)

花札の謎シリーズ 10月札『鹿に紅葉』(2013.10.13)

花札の謎シリーズ 11月札『柳に小野道風』(2013.10.26)

花札の謎シリーズ 『表菅原』(2013.11.20)

花札の謎シリーズ 12月札!!『桐に鳳凰』(2013.11.25)

花札の謎シリーズ 1月札!!『松に鶴』(2014.8.12)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』前篇(2014.8.19)

花札の謎シリーズ 2月札!!『梅に鶯』(2014.8.29)

花札の謎シリーズ 3月札『桜に幕』後篇(2014.12.11)

花札の謎シリーズ 『こいこい』って意外とあれなのね(2015.8.28)

花札の謎シリーズ4月札『藤に杜鵑』(ホトトギスと読みます)(2016.3.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』前篇(2016.5.30)

花札の謎シリーズ6月札『牡丹に蝶』後篇(2016.6.3)

かるた・百人一首・花札 製造・卸・販売囲碁・将棋サイト 本館 セット・特価品囲碁・将棋サイト 別館 高級品専門
かるた・百人一首 製造・卸・販売
囲碁・将棋販売
囲碁・将棋 高級品販売専門サイト
大石天狗堂 Facebookページ
株式会社大石天狗堂 612-8082 京都府京都市伏見区両替町2丁目350-1 TEL:075-603-8688 FAX:075-603-8677
Copyright (C) 2008 - 2017 京都大石天狗堂/百人一首・花札・光琳かるた・いろはかるた All Rights Reserved.